春休み友情のレポーター決定!

春休みにフィリピンで取材を行う友情のレポーターは、三重県四日市市在住の吉川拓樹くん、陸前高田市在住の菅野樹希さんに決定しました!

 

彼らをサポートするため、引き続き皆さまのご支援をお願いいたします!! 

 

    

 

吉川 拓樹(よしかわ ひろき)くん

三重県四日市市在住
四日市市立塩浜小学校6 年生/現在12 歳

 

KnK のホームページで、友情の5 円玉キャンペーンというのを見ました。ぼくでも外国の貧しい人の役にたてるのだということを知りました。ぼくは、子ども記者として伊勢神宮や工場への取材に行き、記事を書いた経験があります。1 月8 日の中日新聞の16 面に国境なき子どもたち提供の記事でぼくと同じくらいの子がギャングのようなことをしなければ生きていけないことにおどろきました。そんな子をひとりでもなくすためにぼくができることをしたいと強く思い応募しました。(応募動機より抜粋)

 

 

菅野 樹希(かんの いつき)さん
岩手県陸前高田市在住
陸前高田市立広田中学校3 年生/現在15 歳 

 

私は震災に遭い、生まれ育った町や、大切な人を失う辛さを体験しました。その痛んだ心を癒してくれたのは、支えてくれた沢山の人の優しさでした。私は生きていくために本当に必要なものは、強い心と人とのつながりだと思います。もし一人ではくじけそうになっても、そばにだれかがいるだけで、強くなれると思えるのです。私はその事を、震災を体験して、心の底から感じることができました。人との絆を信じること、明日を信じること。これは、どんな状況にあるどんな国の、どんな人にでも共通することだと思います。今度は私が、少しでも力になりたいと思い、応募しました。フィリピンで沢山の経験をし、友だちをつくって、帰ってからは責任をもってレポーターとしての使命をはたしたいと思います。(応募動機より抜粋)

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています