READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
ふるさと納税型

竹の新たな価値の確立で、放置竹林問題を解決!×森林の応援団づくり

京都市林業振興課

京都市林業振興課

竹の新たな価値の確立で、放置竹林問題を解決!×森林の応援団づくり
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった寄付金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。寄付募集は10月31日(月)午後11:00までです。

寄付総額

50,000

目標金額 700,000円

7%
寄付者
1人
残り
35日
プロジェクトの寄付にすすむ(※ログインが必要です)
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった寄付金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。寄付募集は10月31日(月)午後11:00までです。

プロジェクト本文

 本プロジェクトは、森林資源の活用を通じて、健全な森づくりにつながるとともに、社会課題の解決や地域の振興に資するものとして京都市が認定した民間事業者の取組を、ふるさと納税制度を活用し、御賛同いただける方から寄付を募り支援するものです。

(詳細は「|2| 森林の応援団づくり事業について」を御一読ください。)

 

特定非営利活動法人京都発・竹・流域環境ネット

竹の新たな価値を確立し、大原野地域の放置竹林問題を解決したい!

 

|1|プロジェクトの紹介

 

■自己紹介

 

私たちは、拡大する放置竹林問題の解消に向けた取組を推進することで、地域里山景観の保全を目指しています。切り出した竹材を有効活用するため、竹炭・チップ・竹加工品などを製造しているほか、放置竹林を再生するため、農地法に基づき法人が借地し、環境保全と共にボランティア活動による人員育成を推し進めています。

 

■プロジェクトの内容

 

今回の支援を活用し、竹材の切り出しから材・粉砕機での加工・ヤードの確保・トン袋の購入・運搬など、地域ぐるみの安定的な供給体制を構築するとともに、企業等と連携し、付加価値の高い新たな製品開発に向けた竹材の実証実験を実施し、ソフト・ハードの両面から西京区大原野地域の放置竹林の解消を目指すプロジェクトです。

 

<寄付金の使途>

支援額に応じて、竹林の整備面積を調整します。

第1目標達成時…

・竹林整備等に必要な人件費 36万円

・特殊機械を要する作業等の委託費 15万円

・竹材の運搬費用 6万円

・材料費 3万円

第2目標達成時…

・竹林整備等に必要な人件費 24万円

・特殊機械を要する作業等の委託費 10万円

・竹材の運搬費用 2万円

・材料費 4万円

 

■メッセージ

 

竹は成長速度が著しく早く、放置された竹林の急速な拡大が問題となっており、竹林面積が77ha存在する大原野地区も例外ではありません。

放置竹林は畑・居住地の境界を曖昧にし、獣害被害をもたらすほか、根の浅い竹林が拡大することで、自然災害時の土砂流出にも繋がることから、早急な対応が必要となっています。

一方で、食材や建材、繊維になりうる竹を「サステナブルな素材」として関心を高める企業も多くあります。

ところが、竹材の供給体制が構築されていないことから放置竹林解消の課題の一つである価値創出の機会を失っている現状があります。

私たちは、何とかこのニーズに応え、継続的な竹林整備ができる環境を、ここ大原野から発信したいと思っていますので、皆様からの温かいご支援をお願いいたします。

 

|西京区からの応援メッセージ

 

右京区の大原野地域は、西山を背景に美しい田園風景が広がる地域です。

この地域は良質なタケノコの産地として有名ですが、近年では放置竹林の荒廃が地域の課題になっています。

NPO法人京都発・竹・流域環境ネットは、長年にわたり大原野地域で放置竹林対策と竹材の有効利用に取り組んでこられました。竹は成長速度が速いため、継続的な整備と利用が不可欠です。

本プロジェクトでは、竹チップを建材等での新たな利用を見出し、安定的な供給先を確立することで、竹材の特性を生かした有効活用が進むことを期待します。

 

|2|「森林の応援団づくり」 事業について

 

京都市産業観光局農林振興室林業振興課です。

京都市の面積の約4分の3は森林で、世界に誇る「木の文化都市」です。

豊かな森の恵みが、四季折々の京都の景観、伝統行事、ものづくり、清らかな水に育まれたお酒や京野菜をはじめとする食文化など、京都ならではの魅力を育んできました。

しかし、一見緑豊かに見える森林も大きな環境の変化にさらされています。林業に従事する方が大幅に減少し、手入れが行き届かず放置され、荒廃する森林が増加しています。

また、京都の美しい景観を形づくる市街地周辺の山々では、病害虫の増加でナラの木や、大文字の送り火などでも使われるアカマツが枯れる被害が発生したり、祇園祭の厄除け粽に使われるチマキザサが、増え過ぎたシカに食べ尽くされたりする被害が発生しています。

こうした状況が進むと、丈夫な木が育たず、倒木や土砂崩れなど災害が増加したり、祭事や文化財の維持などに必要な森林資源が枯渇したりするなど、「京都らしさ」が失われていく恐れがあります。 

 

(令和2年7月豪雨によって京都市内で発生した大規模な土砂崩れ) 

 

私たちは、この豊かな森を守り、京都の暮らしと文化を未来へとつないでいくためには、様々な分野で森林の利活用を進め、森林の担い手を多様化し、森林をもっと身近なものにしていくことが必要だと考えました。

そこで私たちは、森林資源や森林空間の新たな利活用にチャレンジする民間事業者の取組を公募し、ふるさと納税の仕組みを通じて、皆様から応援いただく仕組み「森林の応援団づくり」事業を立ち上げました。

 

この取り組みを通じて、私たちと森林との距離もグッと近づいていく。 

 

その結果、豊かな森を育み、世界の人々から愛される「京都らしさ」を守ることにつながるのではないかと考えています。

国土の約7割が森林の日本。京都が抱える課題は、日本が抱える課題でもあります。

京都発の挑戦が、日本の森林を元気にしていきます。全国の皆様、御支援をお願いいたします。  

クラウドファウンディングでの御支援は、京都市を通じて事業実施者にお渡しします。

なお、目標額を超えた額については、本市へのふるさと納税として、本市が実施する森林保全活動に活用させていただきますので、御了承ください。

 

  <京都市が実施する森林保全活動>

・災害や病害虫等によって深刻な被害を受けた森林景観の回復

・市民参加による森づくり

・植栽活動や森林環境学習活動

・チマキザサなど京都の文化を支える森林資源の保護、育成

・貴重な植物の生育環境の保全 など  

 

|3|寄付金の取扱い(税制上の優遇)について 

 

本プロジェクトに対する個人様からの寄付金は、「ふるさと納税」の対象となります。

ふるさと納税制度とは、自治体への寄付額のうちの2,000円を除く金額が所得税・個人住民税から控除される制度です(例:30,000円の寄付をした場合、合計28,000円の税金が控除)。

控除を受けるためには、翌年の1月10日までに「寄付金税額控除に係る申告特例申請書(ワンストップ特例申請書)」を京都市林業振興課に提出する、もしくは京都市からお送りする「寄付金受領書」を添付の上、寄付をした翌年の3月15日までに確定申告をする必要があります。

※寄付をした方の給与収入や家族構成などに応じた控除額の上限がありますのでご注意ください。全額(2,000円を除く)控除される寄付金の上限目安は総務省HPから確認ができます。

プロジェクト実行責任者:
京都市林業振興課/吉田博次(特定非営利活動法人京都発・竹・流域環境ネット)
プロジェクト実施完了日:
2023年3月24日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

プロジェクトの実施に必要な金額(目標額)を、京都市を通じて事業実施者にお渡しします。なお、目標額を上回った額については、本市へのふるさと納税として、本市が実施する森林保全活動に活用させていただきます。【第1目標】70万円(最低実施金額)【第2目標】116万円【注意事項】本プロジェクトは、All or Nothing型です。プロジェクト実施に必要な最低実施金額が集まらなかった場合、プロジェクトが実施されないことがあります。

プロフィール

ギフト

5,000


alt

【竹の新たな価値を確立し、大原野地域の竹林景観を保全したい!】5,000円

<実施者:特定非営利活動法人京都発・竹・流域環境ネット>
・京都市からのお礼のメール
・寄付受領証明書
※複数口での御寄付も歓迎です。

寄付者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年12月

10,000


alt

【竹の新たな価値を確立し、大原野地域の竹林景観を保全したい!】10,000円

<実施者:特定非営利活動法人京都発・竹・流域環境ネット>
・京都市からのお礼のメール
・寄付受領証明書
※複数口での御寄付も歓迎です。

寄付者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年12月

30,000


alt

【竹の新たな価値を確立し、大原野地域の竹林景観を保全したい!】30,000円

<実施者:特定非営利活動法人京都発・竹・流域環境ネット>
・京都市からのお礼のメール
・寄付受領証明書
※複数口での御寄付も歓迎です。

寄付者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年12月

50,000


alt

【竹の新たな価値を確立し、大原野地域の竹林景観を保全したい!】50,000円

<実施者:特定非営利活動法人京都発・竹・流域環境ネット>
・京都市からのお礼のメール
・寄付受領証明書
※複数口での御寄付も歓迎です。

寄付者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年12月

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

世界の女の子が「生理」でも笑顔で暮らせる環境をつくりたい のトップ画像

世界の女の子が「生理」でも笑顔で暮らせる環境をつくりたい

ピースウィンズ・ジャパンピースウィンズ・ジャパン

#子ども・教育

継続寄付
総計
17人

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの寄付にすすむ
プロジェクトの相談をする