こちらでも、活動のご報告をしております。
https://www.facebook.com/okanesansuu

 


 

 

「手は使ったらアカンって先生に言われるねん・・・(泣)
 でもな、難しすぎて手を使わな分からへん事もあるねん・・・(泣泣)」

という、なげきの声を聞きました。

 

数の概念がしっかり育っていないお子さんや
頭の中で想像するのが苦手なお子さんには
手を使わないと難しい事もあるようです。

 

おとうさんゆび
おかあさんゆび
おにいさんゆび・・・

指にこんな名前をつけるなんて、
何て素晴らしいアイデアなんでしょう!!

 

たとえば、お買物に行って
1人1つずつプリンを買うとした場合。

おとうさんの分
お母さんの分
自分の分・・・

という作業を、
指を使う事で家族が目の前にいなくても、
頭の中で想像する事が出来るのです。

 

その作業を繰り返す事で、イメージが定着し
数の概念を育てる事が出来るのです。

 

私はFPという仕事柄、数や計算が得意と思われがちですが
実は大の苦手(笑)
小学校の1年生の時から毎日のように算数で居残りでした。

 

そんな私が大人になった今、
頭の中で計算する時に思い描いているのは指折りの動画です。

 

レジなどでおつりの計算をしている時は
頭の中にはお金が並んでいます。

 

イメージが頭の中に定着するまで
何度も何度も、こどもが納得するまで指折り数えさせてあげて下さいね!!

新着情報一覧へ