プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

《NEXT GOAL》に挑戦します!!

 

洋画家・大根田真の物語画集『小さな美術館』出版プロジェクトが開始から僅か14日で、目標の1,200,000円を達成できましたことに、驚きとともに皆様への心からの感謝を申し上げます。

 

現時点では200部の画集を、個展会場や大根田真公式サイトやREADYFORのサイトからの販売との形だけなので、おそらく皆様のお手元へと届く前に完売してしまうでしょう。

 

そこで、発行部数を増やしたり、アマゾンからのネット販売など、達成金額に応じて皆様のお手元へ届く方法を増やしていくために《NEXT GOAL》へ挑戦します!

 

大手出版社から1,000部を発行して頂き、有名書店の店頭に並べて頂くには3,300,000円が必要です。これを《最大の目標》として、そこへ少しでも近づけますよう残された時間で《新たなる夢》を描いてみたいと想います。

 

皆様、どうぞよろしくお願い致します。   

 

洋画家 大根田 真

 

---------------------

 

カンヌ国際芸術祭でコート・ダジュール国際芸術賞受賞の洋画家・大根田真が物語画集『小さな美術館』を出版します!

 

洋画家の大根田真です。私は中学及び高校の美術教師を経て画家として独立し13年目になります。その間には『カンヌ国際芸術祭』にてコート・ダジュール国際芸術賞受賞、『日伊芸術驚異と美の饗宴』にてメラヴィリア国際賞受賞、光と夢をテーマとした幻想世界の油彩画を年間40作品、これまでに900作品ほど描いてます。

 

絵を観る方の感性がワクワクする作品、ストーリーやメッセージを感じられる作品を目指しております。そしてこの度、かねてより自分の中に秘めていた夢への第一歩として物語画集『小さな美術館』を自費出版します!

 

出版業界では「画集は売れない」と敬遠されているため、自費出版を選ばざるを得なく、費用もどうしても高額です。プロジェクト実現のためにも、どうかお力を貸して頂けないでしょうか?

 

物語画集『小さな美術館』の表紙作品【ボン・ヴォヤージュ】

 

教師になり、夢に向かってひたむきに頑張る子供たちから勇気をもらいました。

 

10代の頃、自分には《絶対色感》があると気づき、大学で美術教育を受けましたが、基本反復の押しつけと理屈での否定が繰り返され、型にはめこもうとする美術教育に嫌気がさして、子供の頃には大好きだった絵を描くことから離れました。

 

しかし、美術教師となって自ら創部した運動部が、たった1年半で県内97校の頂点に立てたこと、さらには関東大会を春夏連覇した時のエースがその後オリンピック銀メダルに輝いたことなどから、心に描いた夢は必ず実現すると信じて、ひたむきに頑張ることの大切さを生徒たちから学びました。

 

そして自分も子供の頃からの夢だった《画家になること》に挑戦しようと、これまでの伝統技法に囚われない《独自のアナログ油彩技法》を確立してきました。

 

物語画集の作品【ショパンに憧れて】

 

私の絵画が『ルーブル美術館』の【モナ・リザ】の横に飾られる夢を見て…

 

高校時代には教師になると言っては笑われ、教師になってからはチームを全国大会へ連れていくと言っては笑われ、全国大会出場後には画家になると言っては笑われてきましたが、画家になって『ルーブル美術館』の【モナ・リザ】の横に私の絵が飾られる夢を見てから、それを実現すると言っては笑われています。

 

夢が大きいほど人は頑張れるので、今は全ての作品が『ルーブル美術館』に飾られるつもりで描いています。

 

この場所に私の絵が飾られることを夢見て…

 

【物語画集】を出版します!まるで小説を読んでいるよう!メッセージやストーリーが浮かび上がる構成です。

 

そんな夢への一歩として《ひとつの挑戦》をします。今回のプロジェクトでは物語画集『小さな美術館』を出版したいと思っています。

 

全体的に《時の流れ》が主なテーマとなっており、それに沿った成長・儚さ・郷愁などが散りばめられています。観る方の過去や成長の過程で、見失ったものとの邂逅、自身や大切な人たちの未来へと馳せる想い、それらと読者を繋ぐ架け橋になることを願いつつ編集した作品集です。

 

今まで描いてきた個々の作品を映画のワンシーンのように考えて、それぞれが独立した作品でありながら、連ねて読み進めることで《ひとつのストーリー》が浮かび上がる構成です。

『画集』でありながら『小説』であり、時には『絵本』でもあり、また時には『詩集』でもある、他には類を見ないものです。

 

そして…私にとっては『小さな美術館』が『ルーブル美術館』へと繋がる《扉》だと信じます!

 

物語画集の一部を紹介させて頂きます。

 

作品【太陽を見つけた】…少年が向日葵越しの太陽を見つけて、これから《目指す夢を見つけた》というメッセージです。

作品【太陽を見つけた】

 

作品【不思議の森】…バレリーナを目指す少女が不思議の森にて《将来の自分の姿》を見つけるストーリーです。

作品【不思議の森】

 

作品【ミューズの宴】…作品【不思議の森】の少女がバレリーナとなり、エトワールとなってミューズを継承するというストーリーは、画集『小さな美術館』のメインテーマとなる作品です。

作品【ミューズの宴】の制作過程公開

 

『小さな美術館』を観た子供たちが、画家を目指したくなるような画集にしたいと考えています。

 

スポーツや音楽の世界はで、若き才能を育成するシステムが確立しつつあります。その一方で、画家を育成するシステムはまったく確立していないのが現状です。

大学での美術教育は私のように幻滅を抱く学生たちが少なくないですし、画家として派閥に属して活動するのは政治の世界と似た閉塞感があります。

 

個々に志をもったプロの画家たちが、子供たちにも伝わりやすい方法でもっと活動しなければ、絵の才能のある子供たちが《画家になる夢》を持たなくなってしまうでしょう。

 

子供の頃、両親に『画家になりたい』と話したとき『無理だからやめなさい!』と一蹴されたことを鮮明に憶えてます。サッカー日本代表に憧れてサッカーを夢中で頑張る子供たちがいるように、これを観た子供たちが画家を目指したくなる画集を出版することと、このプロジェクトが画家を目指す子供たちと出逢うきっかけとなったり、その夢を応援できる御縁が生まれますことを心より願っております。

 

物語画集の作品【蕾の囁き】

 

「絵画が世界中の人々を励ます存在となりますように」

…それが私の理念です。

 

紛争のある国には芸術を楽しむ余裕はありません。ならば芸術がもっともっと広がれば、世界平和へと繋がるはずです。映画や音楽から多くの人々が励まされるように、たくさんの絵画が世界中の人々を励ます存在となりますように…これが私の画家としての理念です。そして画家がもっともっと頑張ることで、絵の才能のある子供たちが夢を持ってくれると信じます。

 

*facebookページ:

 

*HP:http://m-ohneta.com/

 

◇◆◇◆◇◆◇ リターンについて ◇◆◇◆◇◆◇

御支援頂きました皆様には御礼に以下のリターンをお送りします。また御支援頂きました皆様の御名前を、画集のあとがき《スペシャルサンクス》に記載させて頂きます。

 

● 出版が実現した際には洋画家・大根田真の物語画集『小さな美術館』をサイン入りで贈呈します。


● 大根田真の公式サイト(http://m-ohneta.com/)及びfacebook(https://www.facebook.com/makoto.ohneta)発表作品の中からお好きな作品をレプリカ額装作品(六つ切サイズ)として贈呈します。

B45c95e03220d756ff7df5a7bfcbb5464c381231

 

●6月の横浜ベイシェラトンホテル個展発表のSM号(市場価格108,000円)または3号(市場価格129,600円)の原画の中から1点を個展終了後に額装贈呈します。

C38d31bc4ead6ef0bc6688096029f2153784849e

 

●6月の横浜ベイシェラトンホテル個展発表の4号(市場価格172,800円)または6号(市場価格259,200円)の原画の中から1点を個展終了後に額装贈呈します。

 

●6月の横浜ベイシェラトンホテル個展発表の8号(市場価格345,600円)または10号(市場価格432,000円)の原画の中から1点を個展終了後に額装贈呈します。

 

●物語画集のメインテーマ作品【ミューズの宴】15号(市場価格648,000)の額装贈呈(先着1名)、または支援者様の肖像画制作(額装)、あるいは支援者様からの特別オーダー作品の制作(額装)をします。

 

●大根田真の独自技法を特別に伝授して、経験の有無に関係なく支援者様が御自身の手で特別な油彩画を描けるようにマンツーマンで指導します。詳細についてご不明な点などございましたら、メッセージよりお気軽にお尋ねください。

 


最新の新着情報