「好き」な味、ありますか?

今回、一緒にだしパックを作った方々へのインタビューをして、共通した想いがあることに気づきました。

それは、「自分の(我が家の)味を出す」ということ。

だしが効いている、というと、つい「だしの味」を求めてしまいますが、実は「だし」に味はついていません。

「だし」は、素材を煮てできたその汁の部分をいうから、ほとんど味はないのです。

でも、今売られている「だし」と名がつく商品はほとんど素材に調味料などが入っています。
ある程度、味が決まってしまっているんですね。



『阿波の国 一夜だし 膳』は、いりこと昆布のみ、そのまま入っているだけなので、そのだしに味はついていません。

お味噌を入れてお味噌汁、塩やお醤油、みりんやお砂糖を加えると煮物になります。

これが、余白のあるだし(山田さん談)や、うちの味噌汁(井上さん談)になって、好きな味に体が喜ぶことになります。(南部さん談)

だしは五感を使って花菱さんがセレクトしてくださっています。(花菱さん談)

好きな味作って、体の反応みてみませんか?

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)
Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています