私共の地域のプロジェクトへの多大なご支援ありがとうございます。

これまで、自助・共助を主体とし公助(補助金等)を適宜導入し本プロジェクトを進めて参りました。単にワイン好きが嵩じてワイナリーを作るだけなら公助を頼るべきではないですが、地域活性化のため、持続可能な地域づくりのためという真面目な目的(親父達はシラフでは中々言わないですが)があるので、公助もお願いしてきたところです。この度は、「官から民へ!」という訳ではないですが、クラウドファンディングにチャレンジさせて頂きました。幅広い皆様方のご支援を頂くことができ、本プロジェクトの目的が間違っていなかったことが確かめられ、微力ながら協力できて良かったと実感しております。

 

私共もこの地で千年に一度の大地震、未曾有の原子力災害に見舞われました。

信じられないことが起きるのが現実で、それに対し人間が如何に非力かを実感させられましたが、その一方で厳しい現実に負けることなく被災地各地で復旧、復興が確実に進んでいることに人間の逞しさも実感しているところです。

私共も、被災地復興に頑張っている皆様と心を同じくして、自分たちの地域で本プロジェクトを進めております。

それは、単に元に戻すための復興ではなく、新しい未来のための創造です。

親父達は自分の代では叶えられないかも知れない夢を信じて、果敢なチャレンジを地道に続けております。

先日は地元金融機関のご紹介で「よい仕事おこしフェア」(東京国際フォーラム)に出展し、激励に来られた福島県選出の吉野復興大臣に感謝を込めて試飲して頂きました。様々な応援、ご尽力を実感致します。ご訪問ありがとうございました。

 

 

新着情報一覧へ