勝原フォーンFACTORYコンサート2018のお知らせ

東京藝術大学取手校地のオープンキャンパス、取手アートパス2018にて昨年に引き続き「勝原フォーンFACTORYコンサート」を開催いたします。

今回は、ゲストプレイヤーとして渡辺亮と沢田穣治が勝原フォーンに挑みます。

金工機械室の独特な空間の中でどのような音楽が生まれるのか、乞うご期待下さい。

 

その他にも取手アートパス2018では様々な展示・イベントを開催しております。

ぜひお誘い合わせの上、お運び下さいませ。

 

「勝原フォーンFACTORYコンサート-」

日時:2018/12/2(SUN)
   13:30~14:30[1回目] 16:00~17:00[2回目]

場所:東京藝術大学取手校地共通工房棟内金工工房機械室

一般公開:入場無料

出演:渡辺亮、沢田穣治

 

 渡辺 亮(わたなべ りょう)/パーカッショニスト

1958年、神戸市生まれ、京都在住。 音楽に色彩と空間を与えるパーカッショニストとして、EPO、ショーロ・クラブなど、数多くのアーティストと共演、レコーディングに参加。東京青山「こども の城」の講師を経て、「鼓童」アースセレブレーション、いわき芸術交流館アリオスなど、全国でパーカッションのワークショップを行っている。ソロ・アルバ ムに「ウォレス・ライン」「モルフォ」、著書に「レッツ・プレイ・サンバ」(音楽之友社)がある。また個人の活動として、絵と音の「妖怪探訪」「美術と音 楽」がある。武蔵野美術大学卒業、東京学芸大学非常勤講師。HP http://www.ryo-watanabe.com/

 

 沢田 穣治(さわだ じょうじ)/音楽家

ショーロクラブのコントラバス奏者、様々な楽器を愉しみ多岐にわたる音楽制作に携わってきている。 主な作品には2011年の震災を受け止めて音楽として昇華した「NO NUKES JAZZ ORCHESTRA」、「武満徹ソングブック」。日本初録音であるピアノ内部奏 法作品ジョージ・クラム作曲の『マクロコスモス II」等海外ではアルゼンチンやブラジルの音楽家とも親交がありヘナート・モタ&パトリシア・ロバート、 ジャ キスモレレンバウム、フェルナンド・カブサッキ、アンドレメーマリ、ヴィニシウスカントゥアリアなど、レコーディングやセッションを重ねている。90年代 から親交のあったサイモンフィッシャーターナーとはアンビエント作品を多く共作している。横浜市文化振興財団作曲家シリーズで選出されたほか、室内楽作品 集『silent movie』 もリリース。近年京都に居を移し少年期に開催されたEXPO’70で触れたバシェ音響彫刻との再会があり、京都芸大で修復された桂フォーンな どの研究に関わっている。

 

<取手アートパス2018 ウェブサイト>

https://torideartpath2018.tumblr.com/

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています