こんにちは。
寺子屋方丈舎の岡 加代です。

 

今日は、私たちがクラウドファンディングで寄付を募ったのかの思いについて。

 

①子どもたちを応援してくれるたくさんの大人がいることをしっかり伝えたい。
②子どもの貧困は、会津地域だけの課題ではないから。問題の解決に向けて日本中か応援していただいたことを会津若松の人にも理解してほしい。

③今後、会津若松市の人たちにも、ボランティアとしてお金を出す形でも、自分たちで関わり地域の中で行政任せにしない意識の変化をつくりたい。
④お金がないから必要な事業ができないといういいわけをしたくない。

 

 このREADY FORは、「お金を集めるのにこんなに励ましてもらえるなんて…」ってくらいのありがたいシステムです。この活動がみなさまの声とともに一歩一歩も動き始めています。この事業を通じて、行政と市民が一緒に力を出し、お金ではなく、お互いに力を出して支えあう事例を増やしていけたらと考えております。

 

あと13日。
目標も86%まできました。
今後とも応援よろしくお願いいたします。
(^◇^)ノ
 

新着情報一覧へ