READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

世界的方法論のセオリー・オブ・チェンジを日本に導入したい!

川端元維

川端元維

世界的方法論のセオリー・オブ・チェンジを日本に導入したい!

支援総額

915,000

目標金額 2,000,000円

支援者
99人
残り
終了しました
募集は終了しました
6お気に入り登録6人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなり、返金が行われます。

6お気に入り登録6人がお気に入りしています
2016年11月21日 23:58

セオリー・オブ・チェンジ(ToC)入門 (3) - 世界を変えるTFA -

皆様

 

こんにちは。こんにちは。一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン(ToCJ、設立準備中)代表の田辺(自己紹介はこちらをお願いします)です。

 

セオリー・オブ・チェンジ(ToC)入門 (1) - ToCとは何か? - (2016.11.19)

セオリー・オブ・チェンジ(ToC)入門 (2) - ToCの代表事例 - (2016.11.20)

セオリー・オブ・チェンジ(ToC)入門 (3) - 世界を変えるTFA - (2016.11.21)

セオリー・オブ・チェンジ(ToC)入門 (4) - 出所者復帰支援 - (2016.11.22)

ToC入門 (5) - B Lab - & 新着情報の連日更新を当面中止します (2016.11.23)

【残り30日】 ToC入門 (6) - ロジックモデルとの違いとは - (2016.11.28)

【残り29日】 ToC入門 (7) - ToC批判とは - (2016.11.29)

【残り28日】川端、復帰致します!&"オンライン対話会"の予告 (2016.11.30)

【残り26日】 1月来日日程(第一報) & ToCJのFBページ開設 (2016.12.2)

【残り25日】セオリー・オブ・チェンジについて対話する会!(2016.12.3)

【残り24日】問いを立て、システミック・プロブレムを定義する(2016.12.4)

【残り24日】 12/8(木) 朝6:00 ToCウェビナー開催のお知らせ (2016.12.4)

【残り23日】 休眠口座活用法の成立とセオリー・オブ・チェンジ (2016.12.5)

【残り22日】社会的インパクト評価イニシアチブ、パブコメ募集中 (2016.12.6)

【残り21日】セオリー・オブ・チェンジと稼ぐ力 (2016.12.7)

【残り19日】アメリカから1月来日の延期の相談が入りました (2016.12.9)

【残り18日】一般社団法人を立ち上げるきっかけにつきまして(2016.12.10)

【残り17日】外資NPOを立ち上げる上での課題とは (2016.12.11)

【残り16日】 12/14(水) 深夜24時 ToCウェビナー開催のお知らせ (2016.12.12)

【残り15日】社会事業の攻めと守りを整え、燃え尽きを防ぐToC (2016.12.13)

【残り14日】全開でいきます。引換券をフルモデルチェンジ!!!(2016.12.14)

【残り14日】現場と社会インパクト評価の間の、埋まらない溝 (2016.12.14)

【残り12日】「ToCって、難しそう〜 わかりやすい映像を」(2016.12.16)

【残り11日】コレクティブ・インパクトの成功事例の中軸にToC (2016.12.17)

【残り10日】国連や世界銀行等、国際協力機関でのToC活用事例 (2016.12.18)

【残り8日】本プロジェクトの5分間ショートムービーが完成! (2016.12.20)

 

「セオリー・オブ・チェンジ(ToC)入門」の連続投稿を開始していますが、ある応援者の方から「こんなにハイクオリティの内容を今から出していたら、引換券の特典の値打ちが下がるのでは?」とのお声をいただきました。

 

まったく大丈夫です。実は、今回来日するディビッド・コルビー氏はToCの世界的な専門家であり、彼が役員として属する双子の機関である、CToC(NPO)Actknowledge(営利の社会起業)は、次々とToCの新たな知見を開発しています。

 

11/16深夜に、ActknowledgeのToCウェビナー(オンライン講座)があり、受講しましたところ、私が持っていた知識よりも、はるかに先を行っていました。「やはり、ToCの世界的知見は日々進化している」と実感しました。

 

かつ、私がこのReadyFor?での連続投稿の「セオリー・オブ・チェンジ(ToC)入門」で紹介する解説は、6月末にスウェーデンのストックホルム市内で開催された国際市民セクター学会(ISTR)での私の学会発表の内容を踏まえています。

 

 

学会発表の資料は、英語ですが、こちらのslideshareのご参照をお願いいたします。

 

 

私は実践者として現場で日々はいつくばっていますが、2003年の起業以来でこれまで国内外で得られた豊富な学びを普遍的に整理したいと、独立研究者(independent researcher)としても私は活動しています。

 

そこで、オリジナルで学術的に私が整理してきましたものを、この「セオリー・オブ・チェンジ(ToC)入門」では、かみくだいてご紹介しています。よって、来年1月のディビッド・コルビー氏のセミナーやワークショップと内容はかぶりません。

 

ぜひとも、来年1月のセミナーやワークショップの学びをより大きく効果的にするために、事前にToCの基礎知識をこの新着情報の連続投稿で解説しているとご覧いただけましたら、幸いです。これらの知見が、日本の社会セクターの方々の現場に貢献できれば、この上ありません。

 

さて、今回(11/21)の「ToC入門(3)」では、いきなり「世界のNPOの横綱」の登場です。ティーチ・フォー・アメリカ(TFA)のセオリー・オブ・チェンジの事例について、ご一緒に見て、考えたく思います。

 

まず、「TFAって何ですか? 今回初めて知ります」という方もいらっしゃるかもしれません。TFAは1989年にウェンディ・コップ氏により創設されたアメリカの教育NPOであり、教育格差(Education Gap)という社会システムの不備(Systemic Problem)の是正を目指し、新卒の優れた若者を2年間、アメリカ国内の貧困地域へ教員として派遣しています。

 

TFAはアメリカの若者の理想主義とやりがいに応え、ついに2010年には全米人文科学系の学生就職志望ランキングで1位に躍進し、「大変な競争率に勝ち抜かねば入れないNPO」「グーグルやアップルよりも行きたい就職先」「アメリカでTFAと履歴書に書けばどこにでも採用される」と評されるようになりました。2011年以降も就職志望ランキングで常に上位にあり続けています。

 

2年間の派遣が終了すると、そのまま教員の道を選ぶ若者が多いのですが、「TFA出身者(Alumni)」として、企業、行政、政界等、様々の業界へ「教育格差を是正したい」というTFAのミッションを胸に散っていきます。そして、それぞれの業界にいてもTFAと連携しながら、教育格差の是正に向けて社会変革を起こしていくのです。

 

さらには、TFAの先生をお手本(ロールモデル)として学んだ貧困地域の子どもたちは、かつて「自分が大学に行くなんて夢」と思われた大学進学を成し遂げた後、「自分も貧困地域で、子どもたちを教えたい」とTFAの先生になって、地域に帰っていくのです。こうして地域の教育水準が向上し、就職状況も改善し、地域再生が進んでいきます。教育格差の問題に、優れた人材に打ち込んでもらうことで、社会課題の解決が進むという考え方をTFAは持っています。

 

日本語でティーチ・フォー・アメリカについての書籍も出版されています。興味を持たれた方は、『いつか、すべての子供たちに』(ウェンディ・コップ、英治出版)、そして『グーグル、ディズニーよりも働きたい「教室」』(松田悠介、ダイヤモンド社)も、ぜひご覧をお願いいたします。日本でもTFAと連携してティーチ・フォー・ジャパン(TFJ)が始動しています。

 

TFAは年間予算規模が$321million(FY2014)とされ、日本円で350億円ほどと巨額です。たとえばこちらの映像のように、ガーラ(gala)と呼ばれるパーティを華々しく開催し、旺盛にフロア参加者から資金調達を行っています。TFA DC の映像です。

 

2015 Teach For America - D.C. Region Gala

 

しかし「アメリカは寄付文化があるから、このようなパーティで資金調達がしやすいんだ。日本では無理だね」との先入観で見てしまうと、本質を見誤ります。富裕層が集ってくれて、巨額の資金協力を仰ぐだけのしっかりした大義名分があり、実現力があるゆえに、社会からTFAは信頼されているのです。その起点がセオリー・オブ・チェンジなのです。

 

そこで、TFAのセオリー・オブ・チェンジを見てみましょう。文章はこちらですが、わかりやすい動画がアップされています。TFAダラスの映像です。 

 

Teach For America DFW: Our Theory of Change

 

映像にて登場する3人の人物が、仮に教員志望で当初なかったとしても、貧困地域で教えることで自分の未来が開かれ、ひいてはテキサス、そして全米の未来が開かれていくことが、描かれています。

 

セオリー・オブ・チェンジは全世界で統一のフォーマットがあるわけではありません。よって、上記のように映像化し、社会と共有する方法もあるのです。

 

そして、セオリー・オブ・チェンジについて、TFA創業者のウェンディ・コップ氏が語っている珍しい文章があり、今回ご紹介したく思います。

 

「TFAのセオリー・オブ・チェンジを生きるために、私たちは3つのことをせねばならなかった。規模を拡大すること、2年間の派遣期間中で教員がインパクトを拡大すること、そしてTFA出身者のインパクトを拡大すること。」

 

“To live into our Theory of Change, we had to do three things,” says Teach For America founder Wendy Kopp: “Increase scale, increase teacher impact during the two years [that corps members commit to teach], and increase the impact of our alumni.” 

(出典: Exponential Growth, Unexpected Challenges - How Teach For America Grew in Scale and Impact, 2015)

 

セオリー・オブ・チェンジ(ToC)を作成し、本当にToCに定めた内容の実現に奔走してきたことを、創業者のウェンディ・コップ氏が述べている文章となっています。

 

「セオリー・オブ・チェンジ(ToC)の作成が、社会変革の一丁目一番地」と、この「ToC入門」にて申し上げ続けている所以です。

 

実際にTFAに私は「ハーバード社会起業大会スタディプログラム」にて2011年から2016年に訪問し、TFA幹部によるプレゼンや、TFA教員が教える学校の見学を重ねてきました。

 

 

 

次回では、UTECというアメリカはボストンにある非行に走った若者の社会復帰プログラムを遂行している社会起業のセオリー・オブ・チェンジについて考えます。

 

セオリー・オブ・チェンジ(ToC)入門 (1) - ToCとは何か? - (2016.11.19)

セオリー・オブ・チェンジ(ToC)入門 (2) - ToCの代表事例 - (2016.11.20)

セオリー・オブ・チェンジ(ToC)入門 (3) - 世界を変えるTFA - (2016.11.21)

セオリー・オブ・チェンジ(ToC)入門 (4) - 出所者復帰支援 - (2016.11.22)

ToC入門 (5) - B Lab - & 新着情報の連日更新を当面中止します (2016.11.23)

【残り30日】 ToC入門 (6) - ロジックモデルとの違いとは - (2016.11.28)

【残り29日】 ToC入門 (7) - ToC批判とは - (2016.11.29)

【残り28日】川端、復帰致します!&"オンライン対話会"の予告 (2016.11.30)

【残り26日】 1月来日日程(第一報) & ToCJのFBページ開設 (2016.12.2)

【残り25日】セオリー・オブ・チェンジについて対話する会!(2016.12.3)

【残り24日】問いを立て、システミック・プロブレムを定義する(2016.12.4)

【残り24日】 12/8(木) 朝6:00 ToCウェビナー開催のお知らせ (2016.12.4)

【残り23日】 休眠口座活用法の成立とセオリー・オブ・チェンジ (2016.12.5)

【残り22日】社会的インパクト評価イニシアチブ、パブコメ募集中 (2016.12.6)

【残り21日】セオリー・オブ・チェンジと稼ぐ力 (2016.12.7)

【残り19日】アメリカから1月来日の延期の相談が入りました (2016.12.9)

【残り18日】一般社団法人を立ち上げるきっかけにつきまして(2016.12.10)

【残り17日】外資NPOを立ち上げる上での課題とは (2016.12.11)

【残り16日】 12/14(水) 深夜24時 ToCウェビナー開催のお知らせ (2016.12.12)

【残り15日】社会事業の攻めと守りを整え、燃え尽きを防ぐToC (2016.12.13)

【残り14日】全開でいきます。引換券をフルモデルチェンジ!!!(2016.12.14)

【残り14日】現場と社会インパクト評価の間の、埋まらない溝 (2016.12.14)

【残り12日】「ToCって、難しそう〜 わかりやすい映像を」(2016.12.16)

【残り11日】コレクティブ・インパクトの成功事例の中軸にToC (2016.12.17)

【残り10日】国連や世界銀行等、国際協力機関でのToC活用事例 (2016.12.18)

【残り8日】本プロジェクトの5分間ショートムービーが完成! (2016.12.20)

 

最後になりますが、ぜひとも記事のシェアを何卒よろしくお願い申し上げます。ToCがもつ大きな意義を知っていただけたらと願っております。

 

本日(11/21)時点の進捗も共有させていただきます。ぜひ来年1月来日の実現に向けて、一人でも多くの方のご支援をお願い申し上げます。本日お一人から3,000円のご支援があり、心から励みになっております。明日以降も力を尽くします。

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000

【日本にToCコミュニティを創ろう!】

■心を込めた御礼状
■作成予定のWEBサイトへのスペシャルサンクス掲載(ご希望の方のみ)
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
34人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

10,000

【ToCの独習をガッツリ始めたい方に!】

■心を込めた御礼状
■作成予定のWEBサイトへのスペシャルサンクス掲載(ご希望の方のみ)
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権
------------------------------------------------------------------------------------------------
■米国研究機関Center for Theory of Changeが作成したセオリー・オブ・チェンジの解説資料「Theory of Change : A participatory Approach to Planning and Evaluation(セオリー・オブ・チェンジ:戦略策定と評価への参加型アプローチ)」の和訳版+日本語訳に向けたメッセージ
■米国研究機関Center for Theory of Change公認で、2016年10月22日に実施したセオリー・オブ・チェンジについての講座「ゲームチェンジャー・スクール第4回:セオリー・オブ・チェンジ(ToC)とは何か?どう作成し、どう事業を組織化するか?」の様子をまとめた映像並びに関連教材
■米国人専門家訪日レポート
(E-mailにてデータでお届けします。)
■春以降のToCJイベント優先ご招待
■作成予定のWEBサイトへのスペシャルサンクス掲載(ご希望の方のみ)

支援者
61人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

30,000

【ToC米国人専門家セミナーへのご招待 & 舶来品のカステラのように、ToCも日本で愛されたい!】

<3,000円ならびに10,000円のリターンに加えて>
------------------------------------------------------------------------------------------------
■米国研究機関Center for Theory of Change 国際展開担当理事David.L.Colby氏の来日セミナー(2017年1月・東京)へのご招待権。
*日程については1月16日から18日にて予定しております。
*会場参加が難しい場合、オンライン参加またはビデオ録画をご提供致します。
■ToCJ限定カステラ(特別にToCJのロゴがカステラ本体に印字されています。桐箱入りです。)

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

30,000

【ToC米国人専門家セミナーへのご招待n & 舶来品のカステラのように、ToCも日本で愛されたい! 】

<3,000円ならびに10,000円のリターンに加えて>
------------------------------------------------------------------------------------------------
■米国研究機関Center for Theory of Change 国際展開担当理事David.L.Colby氏の来日セミナー(2017年1月・東京)へのご招待権。
*日程については1月16日から18日にて予定しております。
*会場参加が難しい場合、オンライン参加またはビデオ録画をご提供致します。
■ToCJ限定カステラ(特別にToCJのロゴがカステラ本体に印字されています。桐箱入りです。)

支援者
1人
在庫数
完売
発送予定
2017年2月

37,500

【ToCJから講師を単独2時間でも呼び、仲間たちと勉強したい!】

■一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン代表理事 田辺または理事 川端による「ToC入門」出前講座(2時間)
(内容)
・休眠預金活用法の成立を受けて、向こう3年で社会貢献事業が何をすべきか
・なぜ現状のNPOにおいてメンバーが疲弊するのか
・セオリー・オブ・チェンジ入門
(備考)
1.実施時期・形式は関係者間で調整致します。
2.会場については、ご手配をお願い致します。
3.交通費など諸経費については別途ご負担をお願い致します。LCCや夜行バス使用等、当方としましても極力がんばります。
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

37,500

【ToCJから講師を単独2時間でも呼び、仲間たちと勉強したい!】

■一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン代表理事 田辺または理事 川端による「コレクティブインパクト入門」出前講座(2時間)
(内容)
・休眠預金活用法の成立を受けて、向こう3年で社会貢献事業が何をすべきか
・地域の協議会を立ち上げても、なぜうまくいかないのか
・ToCを基軸とするアメリカの成功事例を交えたコレクティブ・インパクト入門
(備考)
1.実施時期・形式は関係者間で調整致します。
2.会場については、ご手配をお願い致します。
3.交通費など諸経費については別途ご負担をお願い致します。LCCや夜行バス使用等、当方としましても極力がんばります。
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

50,000

【ToC研究会(通年)に参加したい!】

<3,000円、10,000円、ならびに30,000円のリターンに加えて>
------------------------------------------------------------------------------------------------
■セオリー・オブ・チェンジ研究会(国内外の先進ToC事例を日本語で研究します。ぜひ実践と研究の両面にお役立てください。年4回で都内にて開催予定)のご参加権(オンライン参加も可能です)

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

75,000

【ToCJから講師を単独半日で呼び、仲間たちと勉強したい!】

■一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン代表理事 田辺または理事 川端による「ToC入門」出前講座(半日)
(内容)
・休眠預金活用法の成立を受けて、向こう3年で社会貢献事業が何をすべきか
・なぜ現状のNPOにおいてメンバーが疲弊するのか
・セオリー・オブ・チェンジ入門
・セオリー・オブ・チェンジ作成体験ワークショップ
(備考)
1.実施時期・形式は関係者間で調整致します。
2.会場については、ご手配をお願い致します。
3.交通費など諸経費については別途ご負担をお願い致します。LCCや夜行バス使用等、当方としましても極力がんばります。
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

75,000

【ToCJから講師を単独半日で呼び、仲間たちと勉強したい!】

■一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン代表理事 田辺または理事 川端による「コレクティブインパクト入門」出前講座(半日)
(内容)
・休眠預金活用法の成立を受けて、向こう3年で社会貢献事業が何をすべきか
・地域の協議会を立ち上げても、なぜうまくいかないのか
・ToCを基軸とするアメリカの成功事例を交えたコレクティブ・インパクト入門
・コレクティブ・インパクト組成体験ワークショップ
(備考)
1.実施時期・形式は関係者間で調整致します。
2.会場については、ご手配をお願い致します。
3.交通費など諸経費については別途ご負担をお願い致します。LCCや夜行バス使用等、当方としましても極力がんばります。
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

100,000

【個人として来日協賛をしたい!】

■個人協賛
■心を込めた御礼状
下記の3つからお選びをお願いいたします。なおお名前の掲載はご希望の方のみといたします。
・一口: 1月来日の告知文、セミナー会場資料、ToCJのHPにお名前を掲載します。
・五口: 1月来日の告知文、セミナー会場資料、ToCJのHPにお名前を掲載します。米国人ToC専門家のディビッド・コルビー氏からの謝辞のメッセージをご用意します。
・十口: 一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン代表理事 田辺または理事 川端が御礼にお住いのまちへ伺います。(交通費を含む)
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

100,000

【法人として来日協賛をしたい!】

■法人協賛
■心を込めた御礼状
下記の3つからお選びをお願いいたします。なおお名前の掲載はご希望の方のみといたします。
・一口: 1月来日の告知文、セミナー会場資料、ToCJのHPにお名前を掲載します。
・五口: 1月来日の告知文、セミナー会場資料、ToCJのHPにお名前を掲載します。米国人ToC専門家のディビッド・コルビー氏からの謝辞のメッセージをご用意しますので、ぜひ御社HPのCSRページや、CSR報告書等にご活用ください。
・十口: 1月来日の告知文、セミナー会場資料、ToCJのHPにお名前を掲載します。米国人ToC専門家のディビッド・コルビー氏との対談の場(都内、通訳あり)をご用意しますので、ぜひ御社HPのCSRページや、CSR報告書等にご活用ください。
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

150,000

【ToCJから講師を2人半日で呼び、仲間たちと勉強したい!】

■一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン代表理事 田辺&理事 川端による「セオリー・オブ・チェンジ研修:理論・ToC作成体験編」(半日)を、購入者様及び購入者様の組織向けに実施いたします。

(備考)
1.実施時期・形式は関係者間で調整致します。
2.会場については、ご手配をお願い致します。
3.交通費など諸経費については別途ご負担をお願い致します。
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

200,000

【ToCJから講師を2人1日で呼び、仲間たちと勉強したい!】

■一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン代表理事 田辺&理事 川端による「セオリー・オブ・チェンジ研修:実践編」(1日)を、購入者様及び購入者様の組織向けに実施いたします。

(備考)
1.実施時期・形式は関係者間で調整致します。
2.会場については、ご手配をお願い致します。
3.交通費など諸経費については別途ご負担をお願い致します。
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

1,500,000

【ToCJのコンサルティングを得て、自分たちの団体のToCを作成し、実行支援を受けたい!】

■一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン代表理事 田辺 かつ 理事 川端によるセオリー・オブ・コンサルティングの作成及び実行支援のコンサルティングと、その前提となるキックオフ合宿を、購入者様及び購入者様の組織向けに実施いたします。
(備考)
1. 2017年2月から2017年12月までの期間となります。
2. キックオフ合宿については、1泊2日を想定し、ToCの基礎理解促進・チームビルディング・ToCの試作版作成を目的とします。
3. 訪問またはウェブ会議の頻度は月1回が目安となります。
4. 専用のチャットグループにてオンライン相談をお受けします。
5. 会場については、ご手配をお願い致します。
6. 交通費など諸経費については別途ご負担をお願い致します。
7. 上記は本プロジェクト限定の特別料金になります。

■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

プロジェクトの相談をする