READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

世界的方法論のセオリー・オブ・チェンジを日本に導入したい!

川端元維

川端元維

世界的方法論のセオリー・オブ・チェンジを日本に導入したい!

支援総額

915,000

目標金額 2,000,000円

支援者
99人
残り
終了しました
募集は終了しました
6お気に入り登録6人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなり、返金が行われます。

6お気に入り登録6人がお気に入りしています
2016年11月23日 23:51

ToC入門 (5) - B Lab - & 新着情報の連日更新を当面中止します

皆様

 

こんにちは。こんにちは。一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン(ToCJ、設立準備中)代表の田辺(自己紹介はこちらをお願いします)です。

 

セオリー・オブ・チェンジ(ToC)入門 (1) - ToCとは何か? - (2016.11.19)

セオリー・オブ・チェンジ(ToC)入門 (2) - ToCの代表事例 - (2016.11.20)

セオリー・オブ・チェンジ(ToC)入門 (3) - 世界を変えるTFA - (2016.11.21)

セオリー・オブ・チェンジ(ToC)入門 (4) - 出所者復帰支援 - (2016.11.22)

ToC入門 (5) - B Lab - & 新着情報の連日更新を当面中止します (2016.11.23)

【残り30日】 ToC入門 (6) - ロジックモデルとの違いとは - (2016.11.28)

【残り29日】 ToC入門 (7) - ToC批判とは - (2016.11.29)

【残り28日】川端、復帰致します!&"オンライン対話会"の予告 (2016.11.30)

【残り26日】 1月来日日程(第一報) & ToCJのFBページ開設 (2016.12.2)

【残り25日】セオリー・オブ・チェンジについて対話する会!(2016.12.3)

【残り24日】問いを立て、システミック・プロブレムを定義する(2016.12.4)

【残り24日】 12/8(木) 朝6:00 ToCウェビナー開催のお知らせ (2016.12.4)

【残り23日】 休眠口座活用法の成立とセオリー・オブ・チェンジ (2016.12.5)

【残り22日】社会的インパクト評価イニシアチブ、パブコメ募集中 (2016.12.6)

【残り21日】セオリー・オブ・チェンジと稼ぐ力 (2016.12.7)

【残り19日】アメリカから1月来日の延期の相談が入りました (2016.12.9)

【残り18日】一般社団法人を立ち上げるきっかけにつきまして(2016.12.10)

【残り17日】外資NPOを立ち上げる上での課題とは (2016.12.11)

【残り16日】 12/14(水) 深夜24時 ToCウェビナー開催のお知らせ (2016.12.12)

【残り15日】社会事業の攻めと守りを整え、燃え尽きを防ぐToC (2016.12.13)

【残り14日】全開でいきます。引換券をフルモデルチェンジ!!!(2016.12.14)

【残り14日】現場と社会インパクト評価の間の、埋まらない溝 (2016.12.14)

【残り12日】「ToCって、難しそう〜 わかりやすい映像を」(2016.12.16)

【残り11日】コレクティブ・インパクトの成功事例の中軸にToC (2016.12.17)

【残り10日】国連や世界銀行等、国際協力機関でのToC活用事例 (2016.12.18)

【残り8日】本プロジェクトの5分間ショートムービーが完成! (2016.12.20)

 

セオリー・オブ・チェンジ(ToC)入門として、シリーズで連日ご紹介していますが、5回目となる今回は、Bコーポレーションの認証や普及啓発等を行っているB Labについて、ご一緒に、見て、考えられたらと思います。

 

そもそも「Bコーポレーション」の意味ですが、「多様なステークホルダー(利害関係者)のために、事業性、社会性、環境性の3つを追求する企業」となります。

 

B LabはHPにて「Bコーポレーションとは、社会的そして環境的なパフォーマンス、アカウンタビリティー、そして透明性についての精緻な基準を満たし、NPOであるB Labが認証した営利企業である。」と説明しています。

 

よって、NPOはBコーポレーションにはなれません。つまり営利企業のためのものです。背景ですが、一般的には、NPOはその法人格が明白な基準となって、人々から公益性のイメージを持たれやすかったり、条件が整えば優遇税制等が受けられます。他方、ある営利企業がもし社会課題解決を目指し、社会貢献性が強い社会起業となっていても、通常では何も社会からわかりやすい客観的な目印はありません。そこで、B Labが審査に通った営利企業を、Bコーポレーションとして認証することで、認証後の営利企業は、客観的に社会貢献ブランドが認められることになります。消費者やステークホルダーから「優れたブランドを持つ企業である」と認識されやすくなります。

 

「20世紀の企業は、シェアホルダー(株主)のために事業性を追求していた。一方、21世紀では『シェアホルダーのため』から『多様なステークホルダー(利害関係者)のため』に変えて、企業活動をすべきである」とB Lab創業者のJay Coen Gilbertは、下記のTED Talkにて説明しています。

 

TEDxPhilly - Jay Coen Gilbert - On better businesses

 

さて、B Lab自身もセオリー・オブ・チェンジ(ToC)を掲げています。掲載資料はこちらです。

 

「私たちは起業家、投資家、消費者のグローバルなムーブメントを導く。統合する一つの目標は、ビジネスにおける成功の再定義である。企業は世界でベストの会社 (the best in the world) を目指すのみならず、もっとも世界のためになる (the best for the world) であるべきである」

 

 

そして、上記を具現化するための体系が下図です。

 

事業性・社会性・環境性のある民間企業にはBコーポレーション認証を行い、投資家にはGIIRSという金融指標を開発そして提供し、立法府(アメリカの州議会)にはベネフィット・コーポレーションの法人格を立法措置してもらいます。これが「新しい経済への道筋(The Road to a New Economy)」であるとB Labは述べています。かなり抽象度そしてオリジナリティが高いとはいえ、ToCがRoadmapになっています。

 

これら一連のToCを、下記の映像にてB Labは説明しています。

 

B Corp Anthem - B The Change

 

Bコーポレーション認証を受ける日本企業も出現しています。こちらのオンラインフォームで200点中80点を獲得して手続きをすれば、世界各地で場所を問わず、Bコーポレーション認証を受けられるとしています。

 

なお、細かい話としては、つい混同されやすいですが、Bコーポレーション (certified B Corps)とベネフィット・コーポレーション(Benefit Corporation)は別物です。日本語の解説では、こちらの「Bコーポレーションとベネフィット・コーポレーションの違い」をご覧ください。一言でいえば、「Bコーポレーションは民間で、ベネフィット・コーポレーションは政治立法という棲み分け」との整理ができるかと思います。

 

 

実際に私は「ハーバード社会起業大会スタディプログラム」にて2012年にB Labを訪問し、上記のようなスケールの大きな視点と実践についてプレゼンをお伺いしました。

 

 

今回、ティーチ・フォー・アメリカUTECB Labという、世界のスーパースターたちが、いずれもセオリー・オブ・チェンジ(ToC)を軸に事業展開をしてきたことを、ご覧いただきました。「これほど先進団体では当然のようにToCがあったとは。日本では殆どの団体で持っていなかったが、ToCがないほうがおかしかったのでは。今までよくやってこれたな」とお感じになった方も、いらっしゃるかもしれません。

 

ただ、スーパースターたちはToCを独自に作れて、しかも映像化までやってのけられても、私を含め凡人は、ToCを第三者の存在なく作るのは困難です。よしんば自己流で「エイや」とToCを作っても、ステークホルダーからの納得感が薄く、運用を回せず、事業評価もはかどらず、結局いつまでも今の閉塞状況から脱せないとの事態も大いにあります。

 

よって、ToCの標準化を目指し、世界で豊富な実績を持つToC専門研究機関である、センター・フォー・セオリー・オブ・チェンジ (Center for Theory of Change, CToC)との連携により、世界の知が日本に入ってくるパイプラインを打ち立てることは、日本の社会セクターの立て直し、そして一層の発展にむけて欠かせないのです。

 

セオリー・オブ・チェンジ(ToC)入門 (1) - ToCとは何か? - (2016.11.19)

セオリー・オブ・チェンジ(ToC)入門 (2) - ToCの代表事例 - (2016.11.20)

セオリー・オブ・チェンジ(ToC)入門 (3) - 世界を変えるTFA - (2016.11.21)

セオリー・オブ・チェンジ(ToC)入門 (4) - 出所者復帰支援 - (2016.11.22)

ToC入門 (5) - B Lab - & 新着情報の連日更新を当面中止します (2016.11.23)

【残り30日】 ToC入門 (6) - ロジックモデルとの違いとは - (2016.11.28)

【残り29日】 ToC入門 (7) - ToC批判とは - (2016.11.29)

【残り28日】川端、復帰致します!&"オンライン対話会"の予告 (2016.11.30)

【残り26日】 1月来日日程(第一報) & ToCJのFBページ開設 (2016.12.2)

【残り25日】セオリー・オブ・チェンジについて対話する会!(2016.12.3)

【残り24日】問いを立て、システミック・プロブレムを定義する(2016.12.4)

【残り24日】 12/8(木) 朝6:00 ToCウェビナー開催のお知らせ (2016.12.4)

【残り23日】 休眠口座活用法の成立とセオリー・オブ・チェンジ (2016.12.5)

【残り22日】社会的インパクト評価イニシアチブ、パブコメ募集中 (2016.12.6)

【残り21日】セオリー・オブ・チェンジと稼ぐ力 (2016.12.7)

【残り19日】アメリカから1月来日の延期の相談が入りました (2016.12.9)

【残り18日】一般社団法人を立ち上げるきっかけにつきまして(2016.12.10)

【残り17日】外資NPOを立ち上げる上での課題とは (2016.12.11)

【残り16日】 12/14(水) 深夜24時 ToCウェビナー開催のお知らせ (2016.12.12)

【残り15日】社会事業の攻めと守りを整え、燃え尽きを防ぐToC (2016.12.13)

【残り14日】全開でいきます。引換券をフルモデルチェンジ!!!(2016.12.14)

【残り14日】現場と社会インパクト評価の間の、埋まらない溝 (2016.12.14)

【残り12日】「ToCって、難しそう〜 わかりやすい映像を」(2016.12.16)

【残り11日】コレクティブ・インパクトの成功事例の中軸にToC (2016.12.17)

【残り10日】国連や世界銀行等、国際協力機関でのToC活用事例 (2016.12.18)

【残り8日】本プロジェクトの5分間ショートムービーが完成! (2016.12.20)

 

さて、多くの方々の本プロジェクトへのご支援に感謝していますが、今回、恐縮ながら、お願いがあります。

 

新着情報の連日更新は、クラウドファンディングで不可欠とされていますが、以下の理由により、当面中止とさせてください。

 

と申しますのは、本邦初の「ToC入門シリーズ」ですが、新着情報一本あたりの執筆準備、執筆、共有、お問い合わせ対応に、毎日3時間から4時間ほどかかっています。日中の仕事を終えてから、毎晩、新着情報に取り組んできていますが、わかりやすい内容になるよう、映像のリサーチ等をしつつ、品質も一言一句まで妥協せずで、連日23時すぎから書き始めています。文章の途中であっても一度0時前にアップし、その後も推敲を重ね、およそ2時台にSNSにてシェアし、そして個別のお問い合わせ対応をさせていただいております。それを終えてから就寝が3時頃ないし4時近くになる日が続いています。翌朝は通常通りに家事をして、仕事に出て行きます。

 

しかし、ReadyFor?以外にも、1月来日に向けての法人協賛打診、東京・名古屋・大阪の各ご関係者や会場との調整、一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン(ToCJ)の設立準備(事業計画書作成、ロゴ検討、HP準備等)、さらには、私の会社の障がい者雇用事業等もあります。

 

新着情報を連日更新したいとの気持ちは、きわめて強いのですが、それをして睡眠時間をReadyFor?募集最終日の12/28まで削り続けることは、他のタスクや、私の健康面への影響が危惧される状況となりました。

 

もちろん連日で体幹トレーニングと筋トレも欠かさず、心身の十分な健康を期していますが、とてもベンチャーな状況です(笑)。

 

歴史的な1月来日の成功に向けてベストを尽くすために、あえて、当面の間において新着情報の連日更新を中止させていただきたく、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

とはいえ、日本の社会セクターにとり歴史的な、大きな社会的意義のあるプロジェクトですので、ぜひ皆様のシェア、そしてご支援を、切実にお願い申し上げます。本プロジェクトへのお問い合わせ等への対応は、引き続き、連日で継続させていただきます。

 

改めて、続報のご報告が可能になりましたら、新着情報にて、申し上げます。

 

関東では明日降雪との予報が出ましたが、日本各地の皆様の地元におかれましても、寒さが一層きびしい折と拝察します。

 

どうかお身体を暖める手間ひまを惜しまずに、インフルエンザ対策も十分にされますよう、お願い申し上げます。

 

皆様のご健康を、心から祈念しております。

一覧に戻る

リターン

3,000

【日本にToCコミュニティを創ろう!】

■心を込めた御礼状
■作成予定のWEBサイトへのスペシャルサンクス掲載(ご希望の方のみ)
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
34人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

10,000

【ToCの独習をガッツリ始めたい方に!】

■心を込めた御礼状
■作成予定のWEBサイトへのスペシャルサンクス掲載(ご希望の方のみ)
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権
------------------------------------------------------------------------------------------------
■米国研究機関Center for Theory of Changeが作成したセオリー・オブ・チェンジの解説資料「Theory of Change : A participatory Approach to Planning and Evaluation(セオリー・オブ・チェンジ:戦略策定と評価への参加型アプローチ)」の和訳版+日本語訳に向けたメッセージ
■米国研究機関Center for Theory of Change公認で、2016年10月22日に実施したセオリー・オブ・チェンジについての講座「ゲームチェンジャー・スクール第4回:セオリー・オブ・チェンジ(ToC)とは何か?どう作成し、どう事業を組織化するか?」の様子をまとめた映像並びに関連教材
■米国人専門家訪日レポート
(E-mailにてデータでお届けします。)
■春以降のToCJイベント優先ご招待
■作成予定のWEBサイトへのスペシャルサンクス掲載(ご希望の方のみ)

支援者
61人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

30,000

【ToC米国人専門家セミナーへのご招待 & 舶来品のカステラのように、ToCも日本で愛されたい!】

<3,000円ならびに10,000円のリターンに加えて>
------------------------------------------------------------------------------------------------
■米国研究機関Center for Theory of Change 国際展開担当理事David.L.Colby氏の来日セミナー(2017年1月・東京)へのご招待権。
*日程については1月16日から18日にて予定しております。
*会場参加が難しい場合、オンライン参加またはビデオ録画をご提供致します。
■ToCJ限定カステラ(特別にToCJのロゴがカステラ本体に印字されています。桐箱入りです。)

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

30,000

【ToC米国人専門家セミナーへのご招待n & 舶来品のカステラのように、ToCも日本で愛されたい! 】

<3,000円ならびに10,000円のリターンに加えて>
------------------------------------------------------------------------------------------------
■米国研究機関Center for Theory of Change 国際展開担当理事David.L.Colby氏の来日セミナー(2017年1月・東京)へのご招待権。
*日程については1月16日から18日にて予定しております。
*会場参加が難しい場合、オンライン参加またはビデオ録画をご提供致します。
■ToCJ限定カステラ(特別にToCJのロゴがカステラ本体に印字されています。桐箱入りです。)

支援者
1人
在庫数
完売
発送予定
2017年2月

37,500

【ToCJから講師を単独2時間でも呼び、仲間たちと勉強したい!】

■一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン代表理事 田辺または理事 川端による「ToC入門」出前講座(2時間)
(内容)
・休眠預金活用法の成立を受けて、向こう3年で社会貢献事業が何をすべきか
・なぜ現状のNPOにおいてメンバーが疲弊するのか
・セオリー・オブ・チェンジ入門
(備考)
1.実施時期・形式は関係者間で調整致します。
2.会場については、ご手配をお願い致します。
3.交通費など諸経費については別途ご負担をお願い致します。LCCや夜行バス使用等、当方としましても極力がんばります。
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

37,500

【ToCJから講師を単独2時間でも呼び、仲間たちと勉強したい!】

■一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン代表理事 田辺または理事 川端による「コレクティブインパクト入門」出前講座(2時間)
(内容)
・休眠預金活用法の成立を受けて、向こう3年で社会貢献事業が何をすべきか
・地域の協議会を立ち上げても、なぜうまくいかないのか
・ToCを基軸とするアメリカの成功事例を交えたコレクティブ・インパクト入門
(備考)
1.実施時期・形式は関係者間で調整致します。
2.会場については、ご手配をお願い致します。
3.交通費など諸経費については別途ご負担をお願い致します。LCCや夜行バス使用等、当方としましても極力がんばります。
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

50,000

【ToC研究会(通年)に参加したい!】

<3,000円、10,000円、ならびに30,000円のリターンに加えて>
------------------------------------------------------------------------------------------------
■セオリー・オブ・チェンジ研究会(国内外の先進ToC事例を日本語で研究します。ぜひ実践と研究の両面にお役立てください。年4回で都内にて開催予定)のご参加権(オンライン参加も可能です)

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

75,000

【ToCJから講師を単独半日で呼び、仲間たちと勉強したい!】

■一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン代表理事 田辺または理事 川端による「ToC入門」出前講座(半日)
(内容)
・休眠預金活用法の成立を受けて、向こう3年で社会貢献事業が何をすべきか
・なぜ現状のNPOにおいてメンバーが疲弊するのか
・セオリー・オブ・チェンジ入門
・セオリー・オブ・チェンジ作成体験ワークショップ
(備考)
1.実施時期・形式は関係者間で調整致します。
2.会場については、ご手配をお願い致します。
3.交通費など諸経費については別途ご負担をお願い致します。LCCや夜行バス使用等、当方としましても極力がんばります。
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

75,000

【ToCJから講師を単独半日で呼び、仲間たちと勉強したい!】

■一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン代表理事 田辺または理事 川端による「コレクティブインパクト入門」出前講座(半日)
(内容)
・休眠預金活用法の成立を受けて、向こう3年で社会貢献事業が何をすべきか
・地域の協議会を立ち上げても、なぜうまくいかないのか
・ToCを基軸とするアメリカの成功事例を交えたコレクティブ・インパクト入門
・コレクティブ・インパクト組成体験ワークショップ
(備考)
1.実施時期・形式は関係者間で調整致します。
2.会場については、ご手配をお願い致します。
3.交通費など諸経費については別途ご負担をお願い致します。LCCや夜行バス使用等、当方としましても極力がんばります。
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

100,000

【個人として来日協賛をしたい!】

■個人協賛
■心を込めた御礼状
下記の3つからお選びをお願いいたします。なおお名前の掲載はご希望の方のみといたします。
・一口: 1月来日の告知文、セミナー会場資料、ToCJのHPにお名前を掲載します。
・五口: 1月来日の告知文、セミナー会場資料、ToCJのHPにお名前を掲載します。米国人ToC専門家のディビッド・コルビー氏からの謝辞のメッセージをご用意します。
・十口: 一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン代表理事 田辺または理事 川端が御礼にお住いのまちへ伺います。(交通費を含む)
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

100,000

【法人として来日協賛をしたい!】

■法人協賛
■心を込めた御礼状
下記の3つからお選びをお願いいたします。なおお名前の掲載はご希望の方のみといたします。
・一口: 1月来日の告知文、セミナー会場資料、ToCJのHPにお名前を掲載します。
・五口: 1月来日の告知文、セミナー会場資料、ToCJのHPにお名前を掲載します。米国人ToC専門家のディビッド・コルビー氏からの謝辞のメッセージをご用意しますので、ぜひ御社HPのCSRページや、CSR報告書等にご活用ください。
・十口: 1月来日の告知文、セミナー会場資料、ToCJのHPにお名前を掲載します。米国人ToC専門家のディビッド・コルビー氏との対談の場(都内、通訳あり)をご用意しますので、ぜひ御社HPのCSRページや、CSR報告書等にご活用ください。
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

150,000

【ToCJから講師を2人半日で呼び、仲間たちと勉強したい!】

■一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン代表理事 田辺&理事 川端による「セオリー・オブ・チェンジ研修:理論・ToC作成体験編」(半日)を、購入者様及び購入者様の組織向けに実施いたします。

(備考)
1.実施時期・形式は関係者間で調整致します。
2.会場については、ご手配をお願い致します。
3.交通費など諸経費については別途ご負担をお願い致します。
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

200,000

【ToCJから講師を2人1日で呼び、仲間たちと勉強したい!】

■一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン代表理事 田辺&理事 川端による「セオリー・オブ・チェンジ研修:実践編」(1日)を、購入者様及び購入者様の組織向けに実施いたします。

(備考)
1.実施時期・形式は関係者間で調整致します。
2.会場については、ご手配をお願い致します。
3.交通費など諸経費については別途ご負担をお願い致します。
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

1,500,000

【ToCJのコンサルティングを得て、自分たちの団体のToCを作成し、実行支援を受けたい!】

■一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン代表理事 田辺 かつ 理事 川端によるセオリー・オブ・コンサルティングの作成及び実行支援のコンサルティングと、その前提となるキックオフ合宿を、購入者様及び購入者様の組織向けに実施いたします。
(備考)
1. 2017年2月から2017年12月までの期間となります。
2. キックオフ合宿については、1泊2日を想定し、ToCの基礎理解促進・チームビルディング・ToCの試作版作成を目的とします。
3. 訪問またはウェブ会議の頻度は月1回が目安となります。
4. 専用のチャットグループにてオンライン相談をお受けします。
5. 会場については、ご手配をお願い致します。
6. 交通費など諸経費については別途ご負担をお願い致します。
7. 上記は本プロジェクト限定の特別料金になります。

■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

プロジェクトの相談をする