READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
成立

カナダ・ハンソン島で野生シャチの鳴き声の分析を続けたい!

三屋 智子 (weeawu)

三屋 智子 (weeawu)

カナダ・ハンソン島で野生シャチの鳴き声の分析を続けたい!

支援総額

545,000

目標金額 300,000円

支援者
45人
募集終了日
2014年7月24日
プロジェクトは成立しました!
7お気に入り登録7人がお気に入りしています

7お気に入り登録7人がお気に入りしています
2014年10月14日 12:13

未発送の引換券について、そしてA46「カイカシュについて」

お知らせが遅れてしまい申し訳ないのですが、本日発送予定とされておりました未発送の引換券(Tシャツ、フォトブック、CD)のうちTシャツとフォトブックにおきましては外部に発注している関…

もっと見る

2014年10月01日 17:56

帰国しました!

今シーズンのボランティアワークを終えて無事に帰国いたしました。 今年もシャチをはじめとするたくさんの野生動物・自然に囲まれて素晴らしい経験ができました。それと同時にいろいろ考えさせ…

もっと見る

2014年09月10日 10:25

レジデントとトランジェントの関係

こんにちは! 8月を予定していた絵はがきの発送、かなり遅れてしまって申し訳ありません。 全て発送いたしましたのでもう少しで皆様のお手元に届くと思います! オルカラボでは猛烈な忙…

もっと見る

2014年08月09日 03:21

ハンソン島入りしました!

8月2日にハンソン島入りしました。 直行便ならバンクーバーまですぐですが、皆様からお預かりした大事なお金をムダ使いするわけにはいきませんので今回は乗り換えの多い格安航空券を選びまし…

もっと見る

2014年07月24日 13:03

迷子のスプリンガー。

スプリンガー(奥のちびっこ)と親戚のお兄ちゃん 今から12年前、2002年1月のこと。 アメリカのピュージット湾(シアトル近く)で幼いシャチがひとりぼっちでいるところを発見…

もっと見る

2014年07月15日 15:00

オルカライブ!

ハンソン島、ある静かな夜。 オルカラボのデッキで海と満月を見ていた博士はこう思いました。 「広い海を自由に泳ぐオルカ(シャチ)の姿や、この美しい光景を世界じゅうの人々と共有できれば…

もっと見る

2014年07月11日 12:19

アシスタントになるまで!

「オルカラボアシスタントになるまで!」 私は福井県勝山市という田舎に生まれ育ちました。 スキージャム勝山と恐竜博物館が有名なところです。  空気と水がきれいで自然に囲…

もっと見る

2014年07月04日 11:57

オルカラボってどんなところ?

●オルカラボのあるハンソン島は、カナダ・ブリティッシュコロンビア州の西海岸本土とバンクーバー島の間にある島々のひとつで、縦3キロ横8キロくらいの小さな島です。  島から見…

もっと見る

2014年07月04日 11:55

無人島で生きる!

厳密にはオルカラボがあって博士やアシスタントがいるし、島の中央にも仙人みたいな人が住んでいるので「無人島」ではないんですけどね。笑 でもハンソン島は電気も水も通っていない隔離さ…

もっと見る

2014年07月02日 12:55

シャチってどんな動物?

このプロジェクトを開始する前は「シャチ好きの人が気にかけてくれるといいな」と思っていたのですが、ふたをあけてみたら支援して下さったのはシャチ関係の方々だけでなく、ありがたいことに音…

もっと見る

2014年06月27日 09:29

経過報告&機材選び

みなさんこんにちは! Readyfor?でのプロジェクト開始から3日たちました。 なんと3日ですでに80%近くもの支援を達成しています!!本当にびっくりしました。みなさんの気持ちに…

もっと見る

リターン

3,000

alt

サンクスレター

支援者
15人
在庫数
制限なし

10,000

alt

サンクスレター
カナダ・ハンソン島からのエアメール(絵はがき)
オリジナルTシャツ(版画家・二川英一氏デザイン)

支援者
20人
在庫数
制限なし

30,000

alt

サンクスレター
カナダ・ハンソン島からのエアメール(絵はがき)
オリジナルTシャツ(版画家・二川英一氏デザイン)
シャチの鳴き声CD
ハンソン島フォトブック2014

支援者
10人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする