READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
寄附型
成立

障害者の可能性を閉ざさない フィリピンたった1つの盲学校の挑戦

石田 由香理(フリー・ザ・チルドレン・ジャパン)

石田 由香理(フリー・ザ・チルドレン・ジャパン)

障害者の可能性を閉ざさない フィリピンたった1つの盲学校の挑戦

寄附総額

9,995,000

目標金額 8,000,000円

寄附者
195人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
18お気に入り登録18人がお気に入りしています

終了報告を読む


18お気に入り登録18人がお気に入りしています
2016年12月16日 12:41

教育が障害者の身を守る(前半)

 

教育を受けている、学生証がある、それはフィリピンにおいて時に、私たち障害者を差別から守ってくれたりします。

 

昨年度フィリピン駐在のNGO職員として働いていた私は、職場指定の銀行口座を開くため、職場からの口座開設依頼書を持ってある銀行へ行きました。学生時代からフィリピンに長期滞在していたので、すでにフィリピン国立銀行の口座は持っており、これがフィリピンにおいて二つ目の銀行口座になるはずでした。

 

職場からの依頼書やパスポート、フィリピンに長期滞在していることを示す光熱費の支払い証明書など必要書類を全て提出したのですが、

 

窓口で対応した女性の答えは

「あなた、目が見えないの?目が見えなくてどうやってATMを使うって言うの?どうやって通帳を確認できるの。だめだめ、責任能力のない方は口座開設はできません」

 

というものでした。

 

保護者や誰かちゃんと管理してくれる人の名前で口座を開設し、それを共有するならいいそうです。いやいや私この時すでに社会人で、この口座は私の給料や交通費が振り込まれる口座ですよ。


日本ではすでに銀行口座を持っているし、フィリピン国立銀行は開設させてくれたぞなどと色々抗議してみたら、女性がばかにしたように私の目の前に突きつけたのが紙とペン。

 

「口座を開設したいなら、責任能力があると言うなら、この紙に口座開設を希望する旨の手紙を書いて下さい、代筆は認めません」と。

 

 文字は知っています、もちろん英語も知っています、パソコンなら書けます、点字なら書けます…、でも悔しいですが全盲、紙とペンだけ渡されたのでは他人が読めるような手紙を書くのは難しいです、サインくらいならできますが。

 


<ミーティング中点字でメモを取る石田>

一覧に戻る

ギフト

5,000

5,000円寄付コース

■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書

寄附者
95人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

10,000

10,000円寄付コース

■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書

寄附者
73人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

30,000

30,000円寄付コース

■ 年次報告書
■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書

寄附者
12人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

50,000

50,000円寄付コース(団体HPにお名前記載)

■ 団体の事業ページに寄付者のお名前を記載(希望者のみ)
■ 年次報告書
■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書

寄附者
8人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

100,000

100,000円寄付コース(盲学校の寮にお名前記載)

■ フィリピン国立盲学校の寮に寄付者のお名前を記載
■ 団体の事業ページに寄付者のお名前を記載(希望者のみ)
■ 年次報告書
■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書

寄附者
11人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

300,000

300,000円寄付コース(寄付者様のもとへ直接ご訪問)

■ プロジェクトリーダーの石田、もしくは団体代表の中島が寄付者様へ直接訪問しお礼を申し上げます
■ フィリピン国立盲学校の寮に寄付者のお名前を記載
■ 団体の事業ページに寄付者のお名前を記載(希望者のみ)
■ 年次報告書
■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書代表もしくはプロジェクトリーダーが訪問

寄附者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

1,000,000

1,000,000円寄付コース(現地からあなたへの特別動画メッセージ)

■ 現地から感謝の気持ちを込めて、あなたへの特別動画メッセージをお届け
■ プロジェクトリーダーの石田、もしくは団体代表の中島が寄付者様へ直接訪問しお礼を申し上げます
■ フィリピン国立盲学校の寮に寄付者のお名前を記載
■ 団体の事業ページに寄付者のお名前を記載(希望者のみ)
■ 年次報告書
■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書代表もしくはプロジェクトリーダーが訪問

寄附者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

プロジェクトの相談をする