READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
寄附型
成立

障害者の可能性を閉ざさない フィリピンたった1つの盲学校の挑戦

石田 由香理(フリー・ザ・チルドレン・ジャパン)

石田 由香理(フリー・ザ・チルドレン・ジャパン)

障害者の可能性を閉ざさない フィリピンたった1つの盲学校の挑戦

寄附総額

9,995,000

目標金額 8,000,000円

寄附者
195人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
18お気に入り登録18人がお気に入りしています

終了報告を読む


18お気に入り登録18人がお気に入りしています
2017年02月07日 11:48

それでも学校に通い続ける理由(その2)

 地域の学校に4年以上通った5人全員が「まったく授業内容に参加できず、ただ教室に座っていただけだった」と答えているのが、理科実験、技術家庭、美術の3科目です。理科実験に関しては、グループで実験をして単位がもらえるので、たとえ視覚障害学生たちが何もしていなかったとしても、単位だけはもらえていたようです。技術家庭と美術の授業に関しては、誰に何を教えてもらえるわけでも無く、そこにいないものとして扱われていたと言います。

 

 数学の授業に付いて行けていたかに関しては、盲学校からのサポートを受けていたかどうかによって意見が分かれました。全盲学生の内3人は、週に1度くらいのペースで盲学校にも通って、数学の授業の補習やその他の専門的トレーニングを受けていたようなのです。これらの3人は、地域の学校でこれからやる範囲の内容を事前に補習で学習していたので、たとえ板書中心に図形やグラフが説明されたとしても、授業内容を理解して付いていくことができたようです。逆に、そのような盲学校のサポートを受けずに授業に参加していた他の2人に関しては、弱視学生であっても授業内容が理解できない場合があったようです。

 

 ちなみに、大学生となった今、盲学校のサポートによって数学の授業も高校レベルまで理解していたと答えている学生の内1人は、コンピュータ・サイエンスを専攻しています。あたりまえですが、初等・中等教育の時点で理数科目に付いて行けない部分があったと答えている2人に関しては、大学では理数関連科目をまったく受講していません。

 

一覧に戻る

ギフト

5,000

5,000円寄付コース

■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書

寄附者
95人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

10,000

10,000円寄付コース

■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書

寄附者
73人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

30,000

30,000円寄付コース

■ 年次報告書
■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書

寄附者
12人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

50,000

50,000円寄付コース(団体HPにお名前記載)

■ 団体の事業ページに寄付者のお名前を記載(希望者のみ)
■ 年次報告書
■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書

寄附者
8人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

100,000

100,000円寄付コース(盲学校の寮にお名前記載)

■ フィリピン国立盲学校の寮に寄付者のお名前を記載
■ 団体の事業ページに寄付者のお名前を記載(希望者のみ)
■ 年次報告書
■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書

寄附者
11人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

300,000

300,000円寄付コース(寄付者様のもとへ直接ご訪問)

■ プロジェクトリーダーの石田、もしくは団体代表の中島が寄付者様へ直接訪問しお礼を申し上げます
■ フィリピン国立盲学校の寮に寄付者のお名前を記載
■ 団体の事業ページに寄付者のお名前を記載(希望者のみ)
■ 年次報告書
■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書代表もしくはプロジェクトリーダーが訪問

寄附者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

1,000,000

1,000,000円寄付コース(現地からあなたへの特別動画メッセージ)

■ 現地から感謝の気持ちを込めて、あなたへの特別動画メッセージをお届け
■ プロジェクトリーダーの石田、もしくは団体代表の中島が寄付者様へ直接訪問しお礼を申し上げます
■ フィリピン国立盲学校の寮に寄付者のお名前を記載
■ 団体の事業ページに寄付者のお名前を記載(希望者のみ)
■ 年次報告書
■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書代表もしくはプロジェクトリーダーが訪問

寄附者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

プロジェクトの相談をする