野菜を食べる習慣を

 

子供たちの昼食支援をスタートして約二週間が経ちました。


子供たちは毎日、事務所にやってきて食事を摂り、料理当番の母親たちも、

 

栄養のバランスを考え、野菜料理を欠かさない昼食を作ってくれています。

 

お陰様で、概ね順調にスタートできた昼食支援プログラムですが、

 

ごはんを3杯ぐらいおかわりして、野菜にはまったく手を付けない子供も

 

見受けられます。


今日子供たちへ、「野菜も食べなさい。野菜を食べない子はごはんの

 

おかわりは禁止」と、言いました。もちろん、子供たちの健康を考えてのことです。


彼らは野菜が健康にいいことは何となく知っているのですが、葉物や茎類の野菜は、


その匂いがダメなようです。

 

 

今日の献立は具だくさんの野菜スープとハンバーグ

 


野菜嫌いの子供には、「あと一口頑張ろう!」と、応援!

 


鼻をつまんで、野菜を口に運ぶ子供

 

 

想えば私自身も、子供の頃、牛乳が嫌いで、給食でも絶対に飲みませんでした。


牛乳の匂いがダメだったのですが、いつの日かその匂いにも慣れ、

 

今では普通に飲むことができます。

 

「慣れ」は「習慣」になります。

 

子供たちにも、早く野菜に慣れてもらいたいと考えています。 

 

斉藤 和彦

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています