更新情報

「みかんQUEST」というプレイベントを開催しました。

 

2016年12月、「大野家のみかん山が、教室です。」をキャッチフレーズに、わが家のみかん山で「みかんQUEST」というプレイベントを開催しました。山口県防府市や周南市等から4家族10名のみなさんに参加していただきました。

 

45度の急斜面をアスレチック感覚で登る子どもたち。

 

収穫した、たくさんのみかんを袋詰めしています。

 

みかんの収穫体験を行った後、「全国の子どもたちが遊びに来たくなるみかん山にするには?」というお題を二チームに分かれプランニングしプレゼンテーションを行いました。

 

どのようなプランができたかご紹介します。一つ目は、「みかん畑開発センター」による体験型コテージ事業。二つ目は周防大島から四国に橋を架ける集客事業でした。大人の常識を超える発想と、仲間で知恵を出し合うチームワーク、そして情熱的なプレゼンテーション。保護者の方々もワクワクされていました。

 

グループリーダーを中心にアイデアを出し合う子どもたち。

 

地図を見ながら、「あ!四国に橋を架けたらええじゃ!」

 

みかん畑開発センターという会社をつくり体験型コテージ事業を開始します!

 

ビジネスの理由もしっかり考えました。季節のイベントやコーテージの間取りも!

 

このプレイベントから多くの学びがありました。それは、子どもたちのビジネスセンスは大人の想像力を超え、起業への関心も高まるということです。子どもたちは、自ら何かつくり出したいという「創造欲求」を本来持っており、その才能を引き出すのが大人、そして教育の役目なのです。

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)
Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています