休業から間もなく2か月。

ご無沙汰しております。

少しずつ春の気配が濃くなってきました。

三寒四温という言葉通り、寒い日もまだまだありますが私たちは元気に過ごしております。

皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

 

さて現在のお店の状況を、ご支援くださった方、再開を待っていてくださる方にご説明させていただきたいと思います。

 

建築士さん、工務店さん、職人さんたちのおかげで、少しずつ少しずつ工事は進行しています。

当初の予定では、4月には工房を再開できることになっていましたが、屋根部分に大きな損害が見つかり、予定外の工事をすることを余儀なくされました。

古い家なので仕方ないことではありますが、予想もしなかったことだったので、損害が見つかった時は正直途方にくれました。

大幅な予定変更、資金繰り、工期の延長など、ひとつずつクリアしていっている段階です。

まだ目途が立っていないこともあり、この先の楽しみも不安も、入り混じっております。

 

屋根の損害は応急処置程度にとどめ、計画をなるべく変更しない方法もありました。

しかし貫通させて煙突を伸ばすためには、また、ここでこの先ずっとお店を続けるためには、見過ごせないものでした。

屋根の解体も始まり、石窯設置への道はなんとか閉ざされることなく、進んでおります。

 

この2か月弱、とてもとても長く感じました。

今まで当たり前のようにパンを焼いて過ごしていた家族での時間が、どれほどありがたく貴重なものだったか、身に沁みて感じております。

この期間に、ありがたいことにスペースをお借りして期間限定のカフェを営業させて頂いているのですが、

そこに来てくださり「再開を楽しみにしています」というお言葉をいただくと、涙が出そうになります。

そんなお客様がひとりでもいる限り、諦めず、ここでのご支援をいただいた、応援いただいたときの気持ちをもう一度噛みしめて、前に進みたいと思います。

 

またこちらでご報告させていただきます。

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています