何とか終了・・・

ご支援ありがとうございました。

ご支援の募集開始から、10か月かかって一応の区切りとなりました。
オクラとキュウリの何回目かの収穫がもうすぐ始まります。次は唐辛子の栽培を始めます。予算のない中での挑戦はまだまだ続きます。
本業の合間を縫って彼らは畑に通い続けることでしょう。私と彼らの付き合いはこれからも続きます。
というより、これからが本番です。これまでの経験をもとにさらなる規模拡大を計画中です。
今日はご支援いただいた方が日本から二度目の訪問をしてくださいました。おいしいオクラも試食していただきました。

世界の食糧事情を考えるとき、ASEAN地域の重要性は高まるばかりです。その中心に位置するカンボジアはまだまだ伸びしろのあまりある国だと思います。
もちろん、量産化や機械化はまだ先のことでしょうが、まずは家族が安心して暮らせる農業を目指す段階です。
海外からの支援以前に農家の意識改革も必要です。流通機構にも多くの課題を抱えています。しかし、規模の経済という産業としての現実も目前に迫っています。
世界の食糧基地としての真価が問われる日は近いのです。
その時のために、もう少し彼ら若者に応援のエールを送りたいと思います。
この度は、皆様に心温まるご支援をいただいたことにあらためて感謝申し上げます。

Agri Service Cambodia
米司綾逸
 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています