READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
寄附型
成立

障害者の可能性を閉ざさない フィリピンたった1つの盲学校の挑戦

石田 由香理(フリー・ザ・チルドレン・ジャパン)

石田 由香理(フリー・ザ・チルドレン・ジャパン)

障害者の可能性を閉ざさない フィリピンたった1つの盲学校の挑戦

寄附総額

9,995,000

目標金額 8,000,000円

寄附者
195人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
18お気に入り登録18人がお気に入りしています

終了報告を読む


18お気に入り登録18人がお気に入りしています
2016年12月08日 10:00

統合教育導入の経緯(中)

フィリピン政府が障害のある学生を地域の学校に通わせ始めた理由として、ロミオさんは以下のように話してくれました。

 

「私が盲学校で教員をしているころ、マニラにあるフィリピン国立盲学校がこの国唯一の盲学校でした。あなたの国日本では、各県に最低1つは盲学校が有るでしょ?でもこの国では、マニラだけだったんです。 その結果、マニラの盲学校に入学を希望してくる学生は、年々増えて行きました。

 

なぜだと思いますか?ミンダナオ島やセブ島など、地方に住む視覚障害児たちが、次々にマニラへ上京してくるようになったんです。フィリピン国立盲学校は、毎年増える学生たちを受け入れることはできなかった…、学生寮の部屋数はとうてい足りなくなってしまったのです。 だから、アメリカベースのNGOであるRBIが一般学校の教員対象に特別支援教育法のトレーニングを実施できると申し出てきた時、私たちはRBIにそのトレーニングをお任せすることに決めました。地方の一般学校の教員が特別支援教育の方法を学べば、地方に住む障害児たちは、マニラまで出て来なくても教育を受けることができると思ったからです。

 

日本で研修を受けた私は、特別支援学校の大切さや素晴らしさは分かっています。筑波の盲学校を始め、様々な特別支援学校を見学に行きましたが、そこで行われている障害児教育は素晴らしかった…、でもフィリピンでは、そのような特別支援学校を各地方に設けることはできないのです」

 

一覧に戻る

ギフト

5,000

5,000円寄付コース

■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書

寄附者
95人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

10,000

10,000円寄付コース

■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書

寄附者
73人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

30,000

30,000円寄付コース

■ 年次報告書
■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書

寄附者
12人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

50,000

50,000円寄付コース(団体HPにお名前記載)

■ 団体の事業ページに寄付者のお名前を記載(希望者のみ)
■ 年次報告書
■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書

寄附者
8人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

100,000

100,000円寄付コース(盲学校の寮にお名前記載)

■ フィリピン国立盲学校の寮に寄付者のお名前を記載
■ 団体の事業ページに寄付者のお名前を記載(希望者のみ)
■ 年次報告書
■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書

寄附者
11人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

300,000

300,000円寄付コース(寄付者様のもとへ直接ご訪問)

■ プロジェクトリーダーの石田、もしくは団体代表の中島が寄付者様へ直接訪問しお礼を申し上げます
■ フィリピン国立盲学校の寮に寄付者のお名前を記載
■ 団体の事業ページに寄付者のお名前を記載(希望者のみ)
■ 年次報告書
■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書代表もしくはプロジェクトリーダーが訪問

寄附者
5人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

1,000,000

1,000,000円寄付コース(現地からあなたへの特別動画メッセージ)

■ 現地から感謝の気持ちを込めて、あなたへの特別動画メッセージをお届け
■ プロジェクトリーダーの石田、もしくは団体代表の中島が寄付者様へ直接訪問しお礼を申し上げます
■ フィリピン国立盲学校の寮に寄付者のお名前を記載
■ 団体の事業ページに寄付者のお名前を記載(希望者のみ)
■ 年次報告書
■ サンクスメール
■ ニュースレター
■ 領収書代表もしくはプロジェクトリーダーが訪問

寄附者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年3月

プロジェクトの相談をする