再度のリターン遅延のお詫び

お世話になっております。ケニア「モヨ・チルドレン・センター」の松下でございます。お世話になりながら、ご無沙汰ばかりで失礼しておりますが、皆様にはいかがお過ごしでしょうか。

 

当方は昨日(1月30日・火)17年間住んだ借家から私物を農園の方へ移動し、今日借りていた家を大掃除し、明日大家さんに鍵を返し、17年間の借家生活を終えます。

 

ただ、入居すべき農園の家が多々やり直して貰わなければならない部分があり、取り敢えずその工事が終わるまでは「子どもたちの家」の私の部屋で暮らすことになり、昨夜から子どもたちとの生活に入っています。農園の家へ越し、本格的に活動を開始できるにはまだまだ時間が掛かりそうです。

 

こういう状況下に加え、日本サイドで実行者をやってくださっている方の多忙が重なり、皆様には再度のリターン遅延をお願いせざるを得ないこと、心よりお詫び申し上げます。申し訳ございません。

 

上記のように、家本体の建築の最後の段階で苦労しておりますが、皆様からご支援いただいた、塀、橋、動物たちの小屋は完成しております。皆様のお名前は塀に記させて頂きました。油性の塗料を使っておりますので、洗うこともできます。業者さんのお話ですと、「パーマネント、少なくとも10年以上は問題なく、鮮明に読むことができる」ということです。字が読みづらくなれば、重ね塗りをと考えております。


 

実行者の方のお詫びとともに、現状の一端が当方のFBページに動画として掲載されておりますので、是非現状の一端に接していただければと思います。「Moyo Children Centre」でご検索ください。

 

皆様にリターンをお送りするまで、上記のFBページで、出来るだけ現状を皆様にお伝えしたいと思っておりますので、お時間の在るときに覗いていただけるとありがたいです。

 

重ねてリターン再度の遅延を心からお詫びいたします。申し訳ない状況で心苦しいのですが、引き続きどうかよろしくお願い致します。

 

2018年1月31日(水) モヨ・チルドレン・センター主宰 松下照美

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています