READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

エクアドルのゴミ問題と雇用問題をフェアトレードで解決したい!

中村 有紀

中村 有紀

エクアドルのゴミ問題と雇用問題をフェアトレードで解決したい!
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

支援総額

109,000

目標金額 835,000円

支援者
7人
募集終了日
2014年4月20日
7人 が支援しました
募集は終了しました
2お気に入り登録2人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

2お気に入り登録2人がお気に入りしています
2014年03月10日 19:27

震災からの環境復興ってなに?

エクアドルで生産された商品が、日本の消費者へと届けられる。しかし、物語はそこでは終わりません。FUI RECICLADOと提携するDown to Earthは、モノを購入することを社会への投資行動と捉え、その収益がもたらす影響をも考慮しています。

 

そこで、FUI製品の売り上げの一部を、エクアドルの環境保護の活動資金にすることで、次なる生産の基盤づくりに取り組んでいます。また今回、企画の売り上げの一部は仙台の次世代を担う子供達の環境教育プログラムに使用される予定です。

 

今企画を何故、東北・仙台で行うのか。そこで展示するエクアドルの環境NGOの活動とは。「震災からの環境復興」をテーマに、太平洋の向こうの出来事を通してご紹介させていただきます。

 

朝焼けのバイーア・デ・カラケス

 

 エクアドルの首都キトからバスに揺られて8時間、西へ西へとアンデスの山をくだり辿りつく海辺に、港町・バイーア・デ・カラケスはあります。潮騒の聞こえる小さなこの町に、とてもおおらかで緩やかに流れる時間。鶏とともに目覚める朝の市場には大量のバナナや見たこともないような青果・魚が色とりどりに並び、賑わいを終えると、エコタクシーと呼ばれるリキシャが町中を行き交います。人々が立ち話をする中心通りを抜けるとそこは白砂のビーチ。目の前には水平線までつづく大海原の世界が広がります。白波にとけ込む真っ紅な夕日の美しさを眺めていると、本当に遠い遠い異国の地に来たことを実感します。

 

街中を走り回るエコタクシー

 

 そんなバイーア・デ・カラケスにも、災害に見舞われた過去があります。1998年夏、マグニチュード7.2の地震が発生。往年よりの森林伐採や過放牧によりむき出しになり、エルニーニョによる豪雨で緩んでいた近隣の山が地すべりを起こし、多くの人命が犠牲に。水道や電気、通信などのライフラインが断たれた上、陸上からのアクセスが遮断された町では生活物資も不足し、その脆弱性を露わにしました。船による輸送と懸命な復旧作業でなんとかその場を乗り切ったものの、同じライフスタイルを続けることは出来ないという反省の念が生まれます。

 

森林伐採と過放牧、農場と酷使された土地は、大雨のあとの地震で崩壊した。

 

 そして翌年、この町はEco-Ciudad<環境都市>としての再生を宣言。化石燃料に頼る交通手段を改めるエコタクシーと、リサイクルを推進するために生ごみの堆肥化プログラムを導入します。また、環境NGOプラネットドラム財団と協定を結び、一度は破壊されてしまった地域の森林を、自分たちで育てたその土地固有の樹種の苗を植え再生させる活動を開始。同時に、その土地に暮らすことを見つめる「生命地域主義」というコンセプトのもと、地域の中学生を対象にした環境教育プログラムを開講しました。

 

リサイクル素材で作られた苗床。地域の固有種が育てられている。

 

 以来、十年以上にわたり継続してこの町の人々は積極的にプログラムに参加し、自分たちの町のあゆむ道を主体的に決めていこうとしています。また山々にも少しずつ緑が戻り、中学校を卒業した生徒たちが、今や先生となって次の世代にその土地の自然について情熱的に語る姿が見られるようになりました。この活動は先進的な例として欧米など他の国の人々の目にも留まることとなり、エコツーリズムの一環として、多国籍なボランティアが連日この町を訪れています。

 

 

今回、DTEではせんだいメディアテークにて、バイーアの環境復興活動を行う環境NGOプラネットドラム財団の紹介を行います。そもそも、代表・中村がこのNGOで就業した経験があり、また今回の企画を共催する仙台に本拠地をもつplay代表の安倍が、ぜひこの環境復興のアイデアを伝えたい、と意気投合したことから今回の企画が始まりました。

 

展示を通して東北・仙台に環境復興のモデルを示すだけではなく、プロジェクト第二弾としてゆくゆくは、仙台市とバイーアの小中学生を対象にした環境教育プログラムを行いたいと考えています。この企画を通して、東北・仙台がただリサイクルして復旧するのではなく、アップサイクルして復興することができるように。前よりもよりよい姿になれるように、そのために必要な環境復興を。これが私達がこの企画にもつ一番の願いであり、狙いであります。

 

是非、その実現のために皆様のご協力をお願いしたいと思います。

ご通読ありがとうございました。

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

・お礼のお手紙
・playオリジナル エクアドル・ポストカードセット

支援者
3人
在庫数
制限なし

10,000

alt

・お礼のお手紙
・playオリジナル エクアドル・ポストカードセット
・Fui Reciclado ショッピングエコバッグ Mercadito

支援者
2人
在庫数
80

30,000

alt

・お礼のお手紙
・playオリジナル エクアドル・ポストカードセット
・Fui Reciclado ☓ 文化服装学院
 デザインコラボ スペシャルトートバッグ

支援者
2人
在庫数
28

プロジェクトの相談をする