皆様

 

こんばんは。

 

前回の自己紹介(こちらをお願いいたします)後、「今法人として設立準備中の一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン(ToCJ)を手伝いたい」とのお声も頂きました。予想外の反応でしたが、本当にありがとうございます。改めて参加フォームも用意したく思います。

 

さて、前回で1993年の北海道南西沖地震以来、日本社会におけるボランティア、NPO、そして社会起業の源流作りに関わった一人として、現状の日本の非営利業界において、ご本人も周囲も本意でないのに、心身が折れる人が発生してしまう事態をお話ししました。

 

電通の悲しい事件もありましたが、この現況は切実に改めなくてはいけなくて、もはや自然災害に匹敵するほどの危機ではないでしょうか。本質的な改善には、世界的にも実績を伴っている、経営の骨子作りの方法論である「セオリー・オブ・チェンジ(ToC)」が不可欠となる旨をお話ししました。

 

とはいえ、「セオリー・オブ・チェンジ(ToC)って、そもそも何ですか?」という方も多くいらっしゃるかと思います。

 

検討したのですが、このご説明をあえて次回(明日、11/19)とさせていただきまして、その前に、今回、川端さんが本プロジェクトの実行者であって、では田辺はどのような役割なのかを、申し上げます。これはToCJという法人における川端さんと田辺の役割分担とも密接な関係があります。

 

まず、ToCJは現在3人の理事が確定しており、川端さん、デイビッド・コルビー氏(CToC理事)、田辺です。代表理事は田辺が務めます。

 

一方、ToCJの準備ミーティングにご参加くださった方から、「田辺さんはもう前面に出ずに、若い人に譲っては」とのお声を伺い、それはたった一言だったのですが、私は大きな心境の変化がありました。

 

お声は本質を突いていて、心底、ごもっともだと思ったのです。

 

今後も私は「現場から逃げず、現場にありたい」という気持ちは変わらないのですが、以前からリアルの場では申してきましたように、私は若手の方々のハシゴになりたいと心から思います。ささいな存在ですが、古株の私を踏み台にして、若手の方々は一層、世に出てほしいと常々願っております。世に出るとは出世と書きます。

 

 

NPO業界で若手の方から「私は創業者を支えますので」と小さくまとまったお声を聞くことがあります。ですが、いやいや、創業者は皆、後進の方々のためのハシゴであると私は思います。

 

また、ハシゴで乗り越えていただかなくては、困るのです。「いつまでも創業者に頭が上がらず」では、その組織は早晩頭打ちになるのは、古今東西、自明の理です。まして社会変革など夢のまた夢です。

 

川端さんは今29歳ですが、46歳の私が29歳だったころを思い出しますに、川端さんの方がはるかに優れていると思います。川端さんは、一人で大きな仕事をタフに日々切り盛りし、しかし innovate with という屋号で、社会起業家の方々のサポートに徹しておられます。

 

一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン(ToCJ)では、川端さんが前面に立つことになりました。「川端さんが表に立つのは、今までなかったですよね」とある専門家の方もおっしゃられました。

 

ですが、川端さんは29歳とお若いながら、大学時代から国内外にてソーシャルセクターに関わり続けておられます。今、そしてこれからの日本社会を背負っていかれる、重要人物の一人と思います。

 

ぜひ本プロジェクトを皆様とご一緒に成功させて、ToCの世界的知見が日本に入るパイプラインを実現せねばと思っております。

 

「最終日までまだ40日くらいあるし、大丈夫でしょう」とは全く思っておりません。

 

目標金額は高すぎではとのお声も頂いています。大変貴重な1日1日の積み重ねと思っております。しかし、もしToCというテーマで200万円を到達できたら、日本社会にて大きなインパクトになるとのお声も同じ方から頂いております。

 

お金は全然今無くとも、本気で、覚悟を持って、私たちは本プロジェクトを皆様と成功させたいと強く思っております。

 

何卒、シェアや、ご支援を、切によろしくお願い申し上げます。

 

セオリー・オブ・チェンジ(ToC)入門 (1) - ToCとは何か? - (2016.11.19)

セオリー・オブ・チェンジ(ToC)入門 (2) - ToCの代表事例 - (2016.11.20)

セオリー・オブ・チェンジ(ToC)入門 (3) - 世界を変えるTFA - (2016.11.21)

セオリー・オブ・チェンジ(ToC)入門 (4) - 出所者復帰支援 - (2016.11.22)

ToC入門 (5) - B Lab - & 新着情報の連日更新を当面中止します (2016.11.23)

【残り30日】 ToC入門 (6) - ロジックモデルとの違いとは - (2016.11.28)

【残り29日】 ToC入門 (7) - ToC批判とは - (2016.11.29)

【残り28日】川端、復帰致します!&"オンライン対話会"の予告 (2016.11.30)

【残り26日】 1月来日日程(第一報) & ToCJのFBページ開設 (2016.12.2)

【残り25日】セオリー・オブ・チェンジについて対話する会!(2016.12.3)

【残り24日】問いを立て、システミック・プロブレムを定義する(2016.12.4)

【残り24日】 12/8(木) 朝6:00 ToCウェビナー開催のお知らせ (2016.12.4)

【残り23日】 休眠口座活用法の成立とセオリー・オブ・チェンジ (2016.12.5)

【残り22日】社会的インパクト評価イニシアチブ、パブコメ募集中 (2016.12.6)

【残り21日】セオリー・オブ・チェンジと稼ぐ力 (2016.12.7)

【残り19日】アメリカから1月来日の延期の相談が入りました (2016.12.9)

【残り18日】一般社団法人を立ち上げるきっかけにつきまして(2016.12.10)

【残り17日】外資NPOを立ち上げる上での課題とは (2016.12.11)

【残り16日】 12/14(水) 深夜24時 ToCウェビナー開催のお知らせ (2016.12.12)

【残り15日】社会事業の攻めと守りを整え、燃え尽きを防ぐToC (2016.12.13)

【残り14日】全開でいきます。引換券をフルモデルチェンジ!!!(2016.12.14)

【残り14日】現場と社会インパクト評価の間の、埋まらない溝 (2016.12.14)

【残り12日】「ToCって、難しそう〜 わかりやすい映像を」(2016.12.16)

【残り11日】コレクティブ・インパクトの成功事例の中軸にToC (2016.12.17)

【残り10日】国連や世界銀行等、国際協力機関でのToC活用事例 (2016.12.18)

【残り8日】本プロジェクトの5分間ショートムービーが完成! (2016.12.20)

新着情報一覧へ