READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

毒親アートフェスを全国で展示会を開きたい

浅色

浅色

毒親アートフェスを全国で展示会を開きたい
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は8月8日(月)午後11:00までです。

支援総額

74,000

目標金額 500,000円

14%
支援者
18人
残り
37日

応援コメント
みち
みち2時間前応援しています応援しています
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は8月8日(月)午後11:00までです。

プロジェクト本文

 ▼自己紹介  

 

はじめまして、デザイナーをしている浅色(@asairo_m)と申します。

普段はHP作成や広告、デザインにかかわるお仕事をしています。

 

デザイン業の他に、

虐待された当事者の絵や写真や書などの作品を

毎年公募して展示会をしている「毒親アートフェス」の主催や、

熊本市にシェアアトリエ&ギャラリー「あとりえーる・ぎるど」を立ち上げ、

そこの店主もしています。

 

浅色

 

 

 ▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ  

 

まず、私は虐待当事者です。

物心ついた頃にはすでに、殴る蹴る投げ飛ばされる閉じ込めるなどの身体的な虐待が比較的多く、併せて精神的虐待も。

自身の経験はこちらのブログで語ってました。

※少々具体的な表現もあるので、フラッシュバックなどの心配がある方はご注意ください。

 

自分の経験から。 浅色デザインブログ

 

 

本プロジェクトの大元の「毒親アートフェス」ですが、

2017年に名古屋市のシアターカフェで、長年虐待防止を取材し必要性を訴えているライターさんを呼び虐待防止の講演会を行ったのがきっかけです。

 

その翌年から自分にできることはなんだろうと改めて考え、

「虐待をなくしたい」という思いと、

「当事者のためになにかできることはないか」というところから

毒親アートフェスは始まりました。

2022年の今年で5年目の開催になります。

 

毒親アートフェス』とは

虐待を生き抜いた人たちの絵を公募し、

毎年展示会として行ってきました。

― HP概要抜粋

 

『虐待を生き抜いた当事者たちによるアートの企画展』

毒親アートフェスとは、虐待サバイバーのための、アートの公募展です。

 

私個人の考えになりますが、このアートフェスは「毒親からの問題やらでもやもやぐちゃぐちゃ鬱々している人たち」が自発的に絵を書いて送ることをこの企画の成功と考えています。

「虐待をなくしたい」という思いから始めたものですが、『毒親アートフェス』という、毒味の強い名前が、虐待を受けてきた当事者が作品を送ることで、慰めになったり癒やされたり、はたまた発散できたりそういう人のためのものでありたいと願っています。

当事者が心や思いを込めて作った作品を発信していくことで、ほんの少しでも力添えになれればと思っています。

エゴかもしれませんしキレイゴトかもしれませんが、それでいいと考えてます。

プロ・アマチュア問わず募集しています。

自分がうまいとか下手だとかを気にする必要はありません。

特別な技術や知識を必要としません。

このささやかなお祭りに参加いただいた方たちが少しでも「楽しかった」と思っていただければ幸いです。

 

  「毒親アートフェス」という名称ですが、 

  全ての家族や親を否定する意図はありません。 

 

 

 

▼毒親アートフェス開催実績

  1. 2018年11月 名古屋市「箱の中のお店」
  2. 2019年10月 名古屋市「愛知県芸術文化センター」
  3. 2020年9月 名古屋市「愛知県芸術文化センター」
  4. 2021年10月 熊本市「熊本県立美術館分館」

▼メディア履歴

2021年 熊本日日新聞紙面

2021年 読売新聞(熊本)紙面

 web版はこちらでお読みいただけます

2020年 NHK番組内放送(東海)

2020年 東海NEWS WEB掲載

2020年 NHKニュース(名古屋)

2019年 AERA紙面、AERA dot掲載

 web版はこちらでお読みいただけます

2018年 <ハコヂエ>バックナンバー20 – ラジオ内にて紹介

 

 

毒親アートフェス 公式サイト

 

公式Twitter

 

公式Instagram

 

 

▼2021年の熊本県立美術館分館での様子

 

 

 ▼プロジェクトの内容  

 

毒親アートフェスのメイン会場は毎年、主催である私の生活圏で行ってきました。

2020年までは名古屋で、

引っ越して2021年からは熊本で、

2022年も熊本開催になります。

 

なかなか遠方にはいけないため他者主催の巡回展という形で募集はかけておりましたが、

費用の面や準備の面など、色々と難しいところが多かったようで開催数はそれほど多くありません。

また、講演会の際に展示されることも多く「毒親アートフェスをメイン」ではない場合も多くありました。

 

ですので今回は、美術館、またはなるだけ公的な場を借り切って展示をメインとして行いたいと思っています。

ギャラリーでの開催も視野にあります。

もし「うちで」ということであればメールなどでご相談ください。

 

期間は1会場につき、1週間前後のレンタル。

場所の予定は 東京、関西、名古屋、熊本。

もちろん主催者である私も在廊します。

普段の毒親アートフェスは個人出資でやっておりましたが、現状で黒字化はできておりません。今後も続けていくためには収益化していく必要は感じてますが、恥ずかしながら現状ご寄付や好意に頼らざるを得ない状況でした。

さらに他県での実施にあたり、そこそこの費用が必要になり一個人では難しかったので、

今回クラウドファンディングという形で皆様にご協力をお願いすることにしました。

 

もしかしたら現地の協力を少しお願いする場合もあるかもしれません。

「こういったことなら手伝える」といったご提案もとてもありがたいです。

その際は何卒、お力添えいただければ嬉しいです。

 

 

 ◆ 資金の主な使い道  

 

以下、資金の主な使い道です。

 

【 展示にかかる費用(1会場あたり) 】

会場レンタル費:5万円前後

往復交通費:3万~4万

宿泊費(1週間程度):3万~4万

― ― ― ― ―

会場費用として1会場あたり11万~13万くらいの試算

 

【 クラウドファンディング手数料 】

目標金額 500,000円

手数料(税別) 12% -60,000円

税 10% -6,000円

― ― ― ― ―

手数料計 66,000円

 

【 その他の支出 】

・サイト運営費(ドメイン代やサーバー代など)

・広告宣伝費(DMやチラシ作成など)

・作品のスキャン代

・作品印刷代

・冊子制作、印刷費

・額装費(例:110円×30作品=3,300円)

・郵送費(作品の輸送費やリターン品の郵送費用)

が主な支出となっています。

 

▼過去、アートフェスの収支について(PDFが開きます)

2021年

2020年

2019年

2018年

 

 

※会場選びと予算についての補足

資金次第になりますが、

巡回展の第1候補が東京

第2候補が関西方面

第3候補が名古屋

の順です。

 

目標50万ですが、予算50万だともしかしたら第3候補の開催がやや難しい、かもしれません…。  

 

逆に資金が想定以上集まった場合は、

巡回展の開催地を追加していったり、

または例年の毒親アートフェスの運営費用として使用させていただきます。

 

また、これまで企画名に「毒親」という名前がついてるためか、

何度も会場選びの際に断られた過去があり、

すんなり会場選びがいかないことも大いにありえます。

(もちろんそのお店や会場としての運営方針のことなので、納得しております)

そのため、予算で組んだよりも高い会場を借りなければならないかもしれませんが、

会場の選定基準は基本的には

・可能な限り低予算、

・可能なら公的なところ、

・そして「毒親アートフェス」という名前と理念で借りれる場所、

となります。

 

例外でいえば、

過去に実施経験のある「名古屋」「熊本」はほぼ予算や段取りは把握しています。

 

 ▼今年(2022年)の毒親アートフェスについて  

 

今年で5回目になります毒親アートフェス。

熊本県立美術館 分館の2F展示室にて行います。

 

今年の要項(公式ホームページへ)

 

開催日は

2022年 11月8日(火)~11月13日(日)

 

参加の申込み〆切

9月24日(土)

 

作品提出の〆切

10月8日(土)

 

作品応募として参加される場合は

公式サイトから

1.「参加申し込み」をして

2.「参加費」のお支払い後

3.「作品の提出」

といった流れになります。

 

観覧の場合は

ご予約無し、来場無料にて、お越しいただけます。

 

◆今年度の案内チラシ

 

※こちらのチラシ(A4サイズ)や、DM(ポストカードサイズ)の設置にご協力してくださる方、

またはこういうところに置いてもらえるとの情報をいただけたらとてもありがたいです。

 

 

 ◆ 企業や個人の方から応援コメントも頂戴しました  

※コメントの詳細はホームページからご覧いただけます

https://dokufes.com/art-fes/#cheering

 

 

 ▼プロジェクトの展望・ビジョン  

 

本プロジェクトで1円も集まらなくても、

熊本では例年通り、開催はいたします。

 

今回、このように各地で毒親アートフェスを開くことも、

例年通りの開催することも、ビジョンとしては変わっておりません。

  • 虐待をなくしたい、防止したい気持ちがあること
  • 虐待は誰にでも起こりうるし、知らない気づかないだけで、とても身近あることを伝えたい
  • 虐待に気づいたからといって苦しんでほしいわけではない、絵や作品として少しでも発散・昇華できれば嬉しい
  • 虐待はたしかに怖いです。嫌煙するのも自由だけど、思い込みではなくなるだけ正しい知識を多くの人に知ってほしい
  • 何より、この毒親アートフェスは、誰よりも「被害当事者」のためのアートフェスでありたい

アートフェスを初めた2018年より、この気持は変わっておりませんし、

今後も変わらない軸になっています。

ご賛同いただけましたら本当に500円で構いません、ご助力お願いいたします。

 

 

※写真はあとりえーる・ぎるどのお客様に撮影いただいたものを使用しました。

 

 

 ▼リターンについて  

 

ここまで読んで頂いてありがとうございます。

 

SNSでの拡散や、周りの方へのご紹介も立派な「支援」です。

もしご無理なければ、お知り合いの方、議員、社長、企業、事業所などにもお伝えいただけると嬉しいです。

もしよければブログやnoteを書いていただけたり、 ご自身の動画などで紹介していただけたら

ぜひ 浅色(twitter) か 毒親アートフェス(twitter) のアカウントや、

メール までお知らせください。

 

物価は上がって賃金は下がって、、、なかなか厳しい世の中ですので、

ほんとうにできる範囲で大丈夫です。よろしくお願いします。

 

今回、リターンとしてご用意させていただいたものは、

・年度別の冊子(一部、会場展示のみで収録されてない作品もございます)

・運営しているシェアアトリエ&ギャラリーの利用券

・シェアアトリエ&ギャラリーの運営二人(浅色と青柳)との対話権利

・広報協力の青柳さん作のヒーリングパワーストーンストラップ

・リターンご不要な方向け各コース

となります。

 

 

 

 ▼最後に  

 

デザイナーとして、

わりと特殊なアトリエギャラリーオーナーとして、

そして「毒親アートフェス」の運営者として、

今もこの世に居続けています。

まだまだ本当に色々と迷いながら、手探りながら、活動を続け、生きています。

 

いつもは自身の貯蓄から出しているため、金銭的にも悩みがつきませんでした。

作品の参加者側としても、自分の心やトラウマなどに向き合って、文字通り心身を賭して作られた作品たちなので、体力も気力もとても消耗します。

年に1回開催するだけでも、私も、参加者とも、実はとても体力がいることだったりします。  

 

たまに参加者や、来場者、ご寄付いただく方から

感想を伝えてもらえたり、お手紙をいただくことがありました。

きっと自分の過去に思い当たるところもあったかもしれません。

忘れていたのにつらいことを思い出させてしまったかもしれません。

それでも「参加してよかった」や「こういう展示をやってくれてありがとう」といった言葉を受け取るたびに、とても暖かいものを感じました。

 

最後までみていただきありがとうございました!

私の気力、体力が可能な限り、

この毒親アートフェスを続けていけたらとは思っています。

 

毒親アートフェスやあとりえーる・ぎるどの運営は、

本業のweb制作より補填している事が多いです。

お仕事の依頼いただくことで活動資金にもなりますので、

ぜひホームページ、ECサイトなどの制作のご依頼・お問い合わせいただけたらありがたいです。

 

弊社事例へ

 

 

プロジェクト実行責任者:
久保宣明(浅色デザイン)
プロジェクト実施完了日:
2023年12月31日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

2023年中に主催者在中の毒親アートフェス巡回展を開催する。 集まった資金は主に会場費、交通費、宿泊費、その他印刷代など毒親アートフェスに必要な費用として使用する。

リスク&チャレンジ

プロジェクトを実施する上で必要になる資格や許認可について
主に会場レンタルの許可申請が必要になりますが、 クラウドファンディングで集まった費用

プロフィール

浅色

浅色

浅色デザインの浅色です。 普段はwebデザイナーしています。 毎年、「毒親アートフェス」という展示企画をしています。 熊本でシェアアトリエ&ギャラリー「あとりえーる・ぎるど」を運営しています。

リターン

500+システム利用料


alt

【リターンはご不要な方へ】500円応援コース

●ホームページと会場にお名前掲載(希望性)
●感謝のメール
●活動報告のメール

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年9月

1,000+システム利用料


alt

【リターンはご不要な方へ】1,000円応援コース

●ホームページと会場にお名前掲載(希望性)
●感謝のメール
●活動報告のメール

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年1月

3,000+システム利用料


【2018年度テーマ:虐待・望む世界】毒親アートフェス冊子 + お礼

【2018年度テーマ:虐待・望む世界】毒親アートフェス冊子 + お礼

●2018年度の毒親アートフェスの冊子を1冊お送りします
●ホームページと会場にお名前掲載(希望性)
●感謝のメール
●活動報告のメール

支援者
0人
在庫数
50
発送完了予定月
2023年1月

3,000+システム利用料


【2019年度テーマ:衝動・小さな希望】毒親アートフェス冊子 + お礼

【2019年度テーマ:衝動・小さな希望】毒親アートフェス冊子 + お礼

●2019年度の毒親アートフェスの冊子を1冊お送りします
●ホームページと会場にお名前掲載(希望性)
●感謝のメール
●活動報告のメール

支援者
0人
在庫数
50
発送完了予定月
2023年1月

3,000+システム利用料


【2020年度テーマ:私を壊すもの・私を生かすもの)】毒親アートフェス冊子 + お礼

【2020年度テーマ:私を壊すもの・私を生かすもの)】毒親アートフェス冊子 + お礼

●2020年度の毒親アートフェスの冊子を1冊お送りします
●ホームページと会場にお名前掲載(希望性)
●感謝のメール
●活動報告のメール

支援者
0人
在庫数
50
発送完了予定月
2023年1月

3,000+システム利用料


【2021年度テーマ:トラウマ・リカバー】毒親アートフェス冊子 + お礼

【2021年度テーマ:トラウマ・リカバー】毒親アートフェス冊子 + お礼

●2021年度の毒親アートフェスの冊子を1冊お送りします
●ホームページと会場にお名前掲載(希望性)
●感謝のメール
●活動報告のメール

支援者
1人
在庫数
49
発送完了予定月
2023年1月

3,000+システム利用料


【2022年度テーマ:失意・思いやり】毒親アートフェス冊子 + お礼

【2022年度テーマ:失意・思いやり】毒親アートフェス冊子 + お礼

●2022年度の毒親アートフェスの冊子を1冊お送りします
●ホームページと会場にお名前掲載(希望性)
●感謝のメール
●活動報告のメール

支援者
2人
在庫数
48
発送完了予定月
2023年1月

5,000+システム利用料


alt

【リターンはご不要な方へ】5,000円応援コース

●ホームページと会場にお名前掲載(希望性)
●感謝のメール
●活動報告のメール

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年12月

5,000+システム利用料


心が休まるヒーリングパワーストーンストラップ

心が休まるヒーリングパワーストーンストラップ

●広報担当の青柳作成する「ヒーリングパワーストーンストラップ」を1つお送りします。(石やお色などは選べません)
●ホームページと会場にお名前掲載(希望性)
●感謝のメール
●活動報告のメール

支援者
2人
在庫数
18
発送完了予定月
2023年1月

6,000+システム利用料


「あとりえーる・ぎるど」のギャラリーの運営、浅色と青柳とお話できる券

「あとりえーる・ぎるど」のギャラリーの運営、浅色と青柳とお話できる券

●シェアアトリエ&ギャラリー「あとりえーる・ぎるど」のギャラリーの運営、浅色と青柳とお話できる権利(1時間程度、zoomなどで別途予約)
ギャラリーのこと、DIYのこと、毒親アートフェスのこと、作品づくりのことなど何でも構いません。

●ホームページと会場にお名前掲載(希望性)
●感謝のメール
●活動報告のメール

支援者
0人
在庫数
10
発送完了予定月
2022年12月

10,000+システム利用料


alt

【リターンはご不要な方へ】1万円応援コース

●ホームページと会場にお名前掲載(希望性)
●感謝のメール
●活動報告のメール

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年12月

30,000+システム利用料


シェアアトリエ 6ヶ月間利用券

シェアアトリエ 6ヶ月間利用券

●シェアアトリエ&ギャラリー「あとりえーる・ぎるど」のアトリエ6ヶ月間利用できる券(期間内であればアトリエを無料で利用できます)
有効期間:発行日から6ヶ月内
●ホームページと会場にお名前掲載(希望性)
●感謝のメール
●活動報告のメール

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年12月

30,000+システム利用料


ギャラリー利用券1週間

ギャラリー利用券1週間

●シェアアトリエ&ギャラリー「あとりえーる・ぎるど」のギャラリーを1週間レンタルできる利用券
有効期間:発行日から6ヶ月内
※依頼書企画や、先行予約がない場合には基本的にいつでも利用可能です。
●ホームページと会場にお名前掲載(希望性)
●感謝のメール
●活動報告のメール

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年12月

60,000+システム利用料


シェアアトリエ 6ヶ月間利用券+ギャラリー1週間利用券

シェアアトリエ 6ヶ月間利用券+ギャラリー1週間利用券

●シェアアトリエ&ギャラリー「あとりえーる・ぎるど」のアトリエ6ヶ月間利用できる券(期間内であればアトリエを無料で利用できます)
有効期間:発行日から6ヶ月内
●シェアアトリエ&ギャラリー「あとりえーる・ぎるど」のギャラリーを1週間レンタルできる利用券
有効期間:発行日から6ヶ月内
●ホームページと会場にお名前掲載(希望性)
●感謝のメール
●活動報告のメール

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年12月

100,000+システム利用料


ギャラリー1ヶ月利用券

ギャラリー1ヶ月利用券

●シェアアトリエ&ギャラリー「あとりえーる・ぎるど」のギャラリーを1ヶ月レンタルできる利用券
有効期間:発行日から6ヶ月内
※依頼書企画や、先行予約がない場合には基本的にいつでも利用可能です。
●ホームページと会場にお名前掲載(希望性)
●感謝のメール
●活動報告のメール

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年12月

100,000+システム利用料


alt

【リターンはご不要な方へ】10万円応援コース

●ホームページと会場にお名前掲載(希望性)
●感謝のメール
●活動報告のメール

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年12月

1,000,000+システム利用料


alt

【リターンはご不要な方へ】100万円応援コース

●ホームページと会場にお名前掲載(希望性)
●感謝のメール
●活動報告のメール

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年12月

プロフィール

浅色デザインの浅色です。 普段はwebデザイナーしています。 毎年、「毒親アートフェス」という展示企画をしています。 熊本でシェアアトリエ&ギャラリー「あとりえーる・ぎるど」を運営しています。

あなたにおすすめのプロジェクト

横須賀の民間子育て支援施設「結-Yui-」サポーター募集中! のトップ画像

横須賀の民間子育て支援施設「結-Yui-」サポーター募集中!

永井 由美(mam&kids salon 結-Yui-代表)永井 由美(mam&kids salon 結-Yui-代表)

#子ども・教育

継続寄付
総計
14人
NEW
重度の障がいを持つ利用者のために施設を増築したい のトップ画像

重度の障がいを持つ利用者のために施設を増築したい

社会福祉法人慈恵療育会社会福祉法人慈恵療育会

#医療・福祉

0%
現在
0円
寄付者
0人
残り
89日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする