2018/6/18(月)第22回放送のポッドキャストを公開しました。


6/11(月)は袴田事件の再審開始決定が覆されるという予想もしなかった結末に、誰もが唖然としたことでしょう。その翌日、6/12(火)、プロボクシング協会が東京地裁の記者クラブで記者会見を行いました。席上で秀子さんが静かに語りました。「昨日は残念な結果となりました。しかし、これまで50年闘ってきたんだから、これからの50年も闘うだけでございます。100年戦争だって法務省で言ってきたんです。私は85ですが、あと3年5年は大丈夫ですから、命ある限り闘います。みなさんのご支援を宜しくお願い致します。」
本当に強い女性だなと、目頭が熱くなりました。自分自身のへなちょいこさが恥ずかしくなります。袴田事件は最高裁で争うことになりますが、袴田さんは無実です。命あるうちに、数年で決着してほしいと思います。

番組後半は築地市場で「築地署婦人警官によってでっち上げられた公務執行妨害・傷害事件」の冤罪被害者、二本松進さんの話。何もしていない市民がいつもと同じ日常の中で突然逮捕されることがあるという恐ろしい体験談。

ポッドキャストはコチラ→ http://enzaibusters.seesaa.net/

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています