2017年締めのごあいさつ

みなさん、年末いかがお過ごしでしょうか。

SSSの小田桐です。

 

僕たちにとって2017年は激動の1年でした。

 

想像もしていなかったSSSの立ち上げ、そしてこのReadyforサイトでのクラウドファンディングによりみなさんとのつながりができて嬉しい限りです。

 

リターン品のステッカーシートは、信頼するデザイナー・フクナガコウジとアーティストのやまもとまなによるユニット『km.tokyo』に依頼し、すてきに仕上がりました。いろんなところに貼ってくださいね。

 

 

 

内装工事もここまで進みました。

どんな環境でもやってきたLPACK.ですが、いざ自分たちの為の空間となると苦戦しています。それでも何とか「あるものを再利用する」ことでなかなかかっこいいカウンターが出来上がりました。きたもとアトリエハウスで使っていたガラスショーケースと古い棚板、松本で譲り受けてきたガラスショーケースを利用しています。相変わらずこういうやり方をする時に僕たちは真の力を発揮するようです。もう少しで完成します。

 

 

古材とガラスの組み合わせがいい感じです。敷浪さんが描いたイメージとも一致!

 

制作前はこうして模型も作りました。

 

 

こんな大きなキャビネットも自作しました。両面トータル8枚扉。中には工具や資料、書籍、建築模型用品が入っています。これでショップと設計事務所が一つの空間に存在していてもすっきり見せられます。

 

息子にも隠し釘のピンクのゴムを拾ってもらったり手伝ってもらいました。トンカチでトントンするのも気に入っていたようです。

 

 

先日、年末年始の展示の為に新しい器を制作している木工作家の岩野彩さんのところにお邪魔しました。漆で仕上げた皿が特にかっこよかったので、SSSでも今後購入できるようにしたいと思います。また、岩野さんは日本民藝館の民藝館展にも出展されていました。

 

 

今ぼくは青森の実家に帰省しています。

青森ではリターン品のりんごジュースセットを用意していただいた津軽サイバーメディアさんを訪問し、発送作業と共にいろいろな話をしました。

 

3人それぞれ子育てもあり、なかなかバタバタした毎日を過ごしています。工事や制作の遅れにより、12月初旬オープン予定から1月中のオープンを目指してSSSメンバー一同頑張っていますので、もうしばらくお待ちください。

 

2017年は本当にお世話になりました。2018年もよろしくお願いします。

みなさまよいお年を〜。

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています