【応援者メッセージ】山梨栄司様よりコメントをいただきました!

 

本プロジェクトの達成率が本日で55%を超えました!

1ヶ月以内に55%を超えることは、クラウドファンディング達成に必要な中間目標のひとつです。皆様のおかげで、ここまで順調に歩みを進めております。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

今回は、白葉茶「つきしろ」の商品名やコンセプトを含めたコンサルティング全般を担当してくださり、本プロジェクトにもご支援くださっている有限会社ビーサイド・ライブ ( 「ことのは塾」 )代表の山梨栄司様よりコメントをいただきました。

 

 

【山梨栄司様より】

稀少な「つきしろ」。
でも、逆に“わかりやすさ”は数あるお茶の中でもNo.1なのではないかと思っています (´ェ`)

 

印象に残っているのは、外国からの留学生とのお茶会。
普段、緑茶を飲み慣れていない彼らから出たのは「おいしい!」、「これは・・・」という驚きの声。
この“旨味”は、世界共通で驚きを誘うようです(^^)

こんな嬉しいサプライズを世の中に広めたいと安間さんの気持ちに共感しました。

 

おいしいお茶がもっとたくさんの人に届きますように!

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

山梨様、ありがとうございます!

研究しながら作り上げた当初は、白葉茶をどのように売るべきかまったく考えられていませんでした。山梨様には、白葉茶のコンセプトや商品名の決定、さらには高級ホテルや外国人をターゲットにした試飲会の開催など、さまざまなサポートをしていただいています。

 

自宅での打ち合わせの様子。白葉茶の商品名やコンセプトについて話し合っています。

 

外国人の意見を聞くために行った、日本語学校での白葉茶試飲会。

 

日本人の場合は「旨み」に対して日常的に慣れているためか、旨みの強い白葉茶を抵抗なく受け入れてくださることが多いです。しかし、旨みに馴染みがない外国人の方の場合、顔をしかめる方も何人かいました。

 

逆に「このお茶を私の国に輸出する気はありませんか!?」と聞いてくるほど気に入ってくださった方もいたのが印象に残っています。

 

好みは別れましたが、多くの人から好意的な意見をいただくことができました。

 

白葉茶の可能性はまだまだ未知数です。

今年は国際的な品評会への出品も計画しております。また皆様には進捗状況を共有していきますので、引き続きよろしくお願いいたします。

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)
Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています