大会成功のご報告

 

こんばんは、筑波大学MEIKEIオープンテニス実行委員の高橋聖奈です。

まず初めに、昨日4/1を持ちまして第3回筑波大学MEIKEIオープンテニスの全日程が終了したことをご報告させていただきます。

 

 

今大会は天気に恵まれ、予定通りの日程で大会を終えることができました。連日暖かかったこともあり、大会期間中多くの方にご来場いただけたこと、大変うれしく思います。ありがとうございました。

 

3/24に予選が始まり、4/1のシングルス決勝戦が行われるまでの9日間は本当にあっという間でしたが、大会期間中、運営する側として筑波大学体育会硬式庭球部一同が目標としたのは、一人一人が「+1」を行うということでした。ご来場いただいた方には、前大会とは違う何かを感じていただけていたらうれしいです。

 

大会はたったの9日間という短い期間ですが、その大会を開催させるためにはその何倍、何十倍の準備期間が必要です。また、運営するのはたったの50人にも満たない庭球部員達ですが、それを資金面や物資面で支えてくださっているのは、その何十倍もの方々です。ご支援してくださった方々のおかげで、この筑波大学MEIKEIオープンテニスを開催することができました。本当に感謝いたします。ありがとうございました。

 

ご支援してくださった皆様、「支援して良かった」と思える大会であったでしょうか?

 

私たち、筑波大学MEIKEIオープンテニス実行委員をはじめ筑波大学体育会硬式庭球部員一同にこのような大会を運営するという大きなチャンスを与えてくださったのは、ご支援してくださった皆様に他なりません。重ねて御礼申し上げます。ありがとうございました。

 

大会が終わったからといって、私たちの活動が全部終了したわけではありません。

今後とも、筑波大学MEIKEIオープンテニスをよろしくお願い致します。

 


Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています