薬剤師外来のご紹介

がん専門薬剤師の役割

当院では抗がん薬治療中に薬剤師がベッドサイドにお邪魔し治療法や副作用の説明、治療後の副作用の様子を確認させていただいています。近年、のみ薬での治療が増えており、患者さんはご自宅で治療を始めるため副作用が出現した場合にベッドサイドで確認する事は無く、ご自身で対処いただく事になります。そのため、服用スケジュールや副作用の頻度、辛い副作用が出てきた場合の対処法をご理解いただく必要があります。そこで薬剤師外来と称してがん専門薬剤師が落ち着いて会話が出来るブースで、抗がん薬や現在服用されているお薬の説明、副作用や注意事項などについてお話しをさせていただいております。

 

薬剤師外来のひとこま

薬剤師外来の現状

血液検査などの検査結果が出るまでの待ち時間を利用してお話をさせていただきますので薬剤師外来のためにお帰りが遅くなる事はありません。

現在は1部屋で応対させていただいておりますが患者さんが、サポートセンター開設時に比べご利用いただく方が増えており、時間帯によっては周辺の空いているお部屋を借りてお話をさせていただいております。

 

患者さんの生きる希望を支えたい

今後、更にご利用いただく方が増える事が予想されますので落ちついてお話ができるお部屋が増える事は私達医療者、患者さん共通の希望です。この度のクラウドファンディングの結果でお部屋が増えれば、お薬に関するお話をさせていただく場合にお待たせする事なく十分に時間をかける事ができるのでは無いかと期待しております。皆様のご支援をよろしくお願いいたします!

このプロジェクトに寄附する
(※ログインが必要です)
Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています