READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

世界的方法論のセオリー・オブ・チェンジを日本に導入したい!

川端元維

川端元維

世界的方法論のセオリー・オブ・チェンジを日本に導入したい!

支援総額

915,000

目標金額 2,000,000円

支援者
99人
残り
終了しました
募集は終了しました
6お気に入り登録6人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなり、返金が行われます。

6お気に入り登録6人がお気に入りしています
2016年12月23日 15:05

【残り5日】日本におけるセオリー・オブ・チェンジの系譜

皆様

 

こんにちは。一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン(ToCJ、設立準備中)代表の田辺(自己紹介はこちらをお願いします)です。

 

最初に、これまでご支援くださいました皆様、本当にありがとうございます。心から御礼を申し上げます。

 

さらには、第一号案件が秋田にて始動との新着情報の投稿が昨日川端さんからありましたが、日本の草の根の地域の方々こそ、ToCJはつながっていきたいと考えています。今後も勉強会等のご希望を、ぜひメールまたは専用FBページからお教えくださいましたら、幸いです。

 

なお、本プロジェクトをグーグル検索したところ、「セオリー・オブ・チェンジ」で2番目に表示されるようになりました。

 

 

このプロジェクトがインターネットにおいて大事な知的資産になればと、引き続き、極力高い品質の情報のご紹介に努めます。

 

とはいえ、残り5日で約160万円です。

 

ぜひともシェアそしてご支援を、何卒お願いいたします。

 

うがった見方かもしれませんが、「マーケティング目的で、このReadyFor?をしているのか?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

正直に、私たちに全くその気持ちはありません。11/11の開始時から、日夜を問わず、川端さんも田辺も尽力してきました。

 

もし失敗したら、かなりこたえるのは事実と思います。

 

「日本に世界的方法論のセオリー・オブ・チェンジは必要ないという意味なのか?」「法人設立は必要ないのか?」と解さざるを得なくなります。

 

そして、日本国内のみならず、海外の関係者からも本プロジェクトは注視されています。

 

ぜひ、日本の非営利の社会貢献事業の経営のテコ入れができる世界的方法論が必要ではとお感じの方は、切実に、ご支援をお願いいたします。

 

さて、「日本において、これまでセオリー・オブ・チェンジの導入事例もあるのでは」とのお声もあるかもしれません。

 

もちろん、あります。

 

日本におけるセオリー・オブ・チェンジの系譜について、以下にまとめ、そして、今回のプロジェクトの意義がどうつながるかについて、申し上げます。

 

セオリー・オブ・チェンジを日本で最初に提唱したのは、井上英之さんであると私は思います。

 

「2007年度 SFC研究所プロジェクト補助報告書社会イノベーションの拡散に関する事例研究」は、日本語で最初にセオリー・オブ・チェンジについて説いた井上さんらの論文と思います。

 

同論文にて紹介されたセオリー・オブ・チェンジは下記となっていて、システム思考を背景とした描き方と思われます。

 

 

井上さんが創業したSVP東京という中間支援組織では、助成金とプロボノの支援を求める申請書類に、セオリー・オブ・チェンジを添付することを2000年代後半から、支援候補の社会起業家に求めました。とりたててSVP東京ではセオリー・オブ・チェンジのフォーマットを特定せずに、支援候補の社会起業家の独創性に委ねているようです。

 

直近では、NPO法人ぷるすあるはがSVP東京との2年間の協働を完了され、その終了報告を記されたブログ記事でも、上記の描き方を踏襲したセオリー・オブ・チェンジが見られます。

 

 

確かに、上記の描き方の場合、一目瞭然で、「レバレッジポイントは何か。何に社会として注力すべきか」を、共有できる、優れた利点があると思われます。

 

他の国内団体でも「セオリー・オブ・チェンジ」として説明されるときに、上記の描き方がよく見られると思います。

 

さらには、社会的インパクト評価イニシアチブにおいて、セオリー・オブ・チェンジの導入事例をまとめた社会的インパクト評価に関する調査研究最終報告書がアップされています。こちらでは、ロジック・モデル、SROI、ランダム化比較試験等の導入事例と並んで、P33以降にて紹介されています。

 

 

 

一方、セオリー・オブ・チェンジで画期的な活用法をされていると思われますのは、カンボジアそしてインドにて児童買春問題に取り組む、認定NPO法人かものはしプロジェクトと思います。

 

同団体は、児童買春問題を「需要と供給」の両面から捉えて、抜本的な解決を目指してきました。

 

・需要:児童を高値で買える市場があるゆえに、農村部から児童が都市部へ買われてしまう。よって、「子どもを買う人を逮捕する」よう、警察との連携を強化し、警察への研修も提供し続けています。結果、しっかりと買春業者を逮捕できるようになりました(詳細はこちら)。

 

・供給:大人である児童の親に仕事がなければ、児童を売る動機が出てしまいます。よって、農村部でファクトリーを同団体は開設して大人に仕事を提供し、子どもを売らせず、学校に通ってもらうようにしました(詳細はこちら)。

 

まさに児童買春問題を社会システムとしてとらえ、理論と実践で、システミック・チェンジを生み出しているのです。

 

同団体はカンボジアでの買春問題の解決で一定の目処が立ったとして、インドへの注力を開始されています。

 

同団体の共同代表の青木健太さん(カンボジア在住)、本木恵介さん(インド在住)へ今回私は連絡を取りましたところ、ご多忙極まる中に関わらず、同団体のインド事業のセオリー・オブ・チェンジについて、ご紹介をくださいました。

 

 

需要と供給の両側面において、どのような成果が求められるのかを、上記にて一枚で簡潔に描かれています。

 

そして、同団体の単独では限りがありますので、エコシステム(事業の生態系)を組成して、システミック・チェンジを目指すとされています。

 

同様に児童買春問題ひいては人権問題に取り組むインド国内の諸団体も、「セオリー・オブ・チェンジで共通項があるのならば、個別でやるのではなく、コレクティブ(集合的)にやりましょう」という呼びかけには、応じやすいです。

 

興味深いのは、同団体が提携するインド国内の団体も資料では紹介されており、いずれも、セオリー・オブ・チェンジが掲げてあります。

 

 

 

 

つまり、セオリー・オブ・チェンジを「背骨」つまり経営の骨子の考えとして位置付けて、提携できると判断されれば、コレクティブ・インパクトの組成が進展していくと思われます。

 

セオリー・オブ・チェンジを骨子にしたコレクティブ・インパクトの組成を、かものはしがインドでダイナミックに推進している現場を知ることができる資料と思います。

 

以上にて、日本におけるセオリー・オブ・チェンジの系譜について、まだまだごく一部かと思いますが、まとめました。

 

セオリー・オブ・チェンジを導入して画期的な仕事をする日本の団体が出現されていることも、ご紹介出来たかと思います。

 

そして、今回私たちが呼びかけをしています Center for Theory of Change の方法論は、世界でセオリー・オブ・チェンジの様式がまちまちになり、玉石混交にもなってきたので、標準化が必要と開発された方法論であり、ユニセフや世界銀行、オランダ政府、オックスファム等、世界屈指の団体や政府機関との協業実績も豊富にあるものです。

 

Theory of Change の英文のウィキペディアも、Center for Theory of Change が作成したものです。これも、セオリー・オブ・チェンジの説明や様式が世界でまちまちになってきたのを、標準化して、品質を高め、より成果が挙がり、評価や社会的投資にも耐えうるものにしたいとの思いからです。

 

世界水準の方法論が日本国内で、もし日本語で使用できるようになれば、昨日の投稿で申しましたように、砂漠のように干上がってしまいがちな社会セクターに、大河を呼び込めると私は確信しています。

 

ぜひ、ラストスパートのご支援を、何卒お願いいたします!!!

 

セオリー・オブ・チェンジ(ToC)入門 (1) - ToCとは何か? - (2016.11.19)

セオリー・オブ・チェンジ(ToC)入門 (2) - ToCの代表事例 - (2016.11.20)

セオリー・オブ・チェンジ(ToC)入門 (3) - 世界を変えるTFA - (2016.11.21)

セオリー・オブ・チェンジ(ToC)入門 (4) - 出所者復帰支援 - (2016.11.22)

ToC入門 (5) - B Lab - & 新着情報の連日更新を当面中止します (2016.11.23)

【残り30日】 ToC入門 (6) - ロジックモデルとの違いとは - (2016.11.28)

【残り29日】 ToC入門 (7) - ToC批判とは - (2016.11.29)

【残り28日】川端、復帰致します!&"オンライン対話会"の予告 (2016.11.30)

【残り26日】 1月来日日程(第一報) & ToCJのFBページ開設 (2016.12.2)

【残り25日】セオリー・オブ・チェンジについて対話する会!(2016.12.3)

【残り24日】問いを立て、システミック・プロブレムを定義する(2016.12.4)

【残り24日】 12/8(木) 朝6:00 ToCウェビナー開催のお知らせ (2016.12.4)

【残り23日】 休眠預金活用法の成立とセオリー・オブ・チェンジ (2016.12.5)

【残り22日】社会的インパクト評価イニシアチブ、パブコメ募集中 (2016.12.6)

【残り21日】セオリー・オブ・チェンジと稼ぐ力 (2016.12.7)

【残り19日】アメリカから1月来日の延期の相談が入りました (2016.12.9)

【残り18日】一般社団法人を立ち上げるきっかけにつきまして(2016.12.10)

【残り17日】外資NPOを立ち上げる上での課題とは (2016.12.11)

【残り16日】 12/14(水) 深夜24時 ToCウェビナー開催のお知らせ (2016.12.12)

【残り15日】社会事業の攻めと守りを整え、燃え尽きを防ぐToC (2016.12.13)

【残り14日】全開でいきます。引換券をフルモデルチェンジ!!!(2016.12.14)

【残り14日】現場と社会インパクト評価の間の、埋まらない溝 (2016.12.14)

【残り12日】「ToCって、難しそう〜 わかりやすい映像を」(2016.12.16)

【残り11日】コレクティブ・インパクトの成功事例の中軸にToC (2016.12.17)

【残り10日】国連や世界銀行等、国際協力機関でのToC活用事例 (2016.12.18)

【残り8日】本プロジェクトの5分間ショートムービーが完成! (2016.12.20)

【残り8日】個人の人生と仕事に効く、セオリー・オブ・チェンジ (2016.12.20)

【残り7日】「よくあるお問い合わせ」をまとめました。(2016.12.21)

【残り6日】トヨタが教えを乞う伊那食品工業が示唆するものとは (2016.12.22)

【残り6日】第1号案件!秋田でセオリー・オブ・チェンジ講座!! (2016.12.22)

【残り5日】日本におけるセオリー・オブ・チェンジの系譜 (2016.12.23)

【残り5日】TFJ代表理事松田悠介さんから応援メッセージです! (2016.12.23)

【残り4日】なぜ、お金がない若者たちが発生するのか? (2016.12.24)

【残り4日】山梨県の小笠原祐司さんから応援メッセージです! (2016.12.24)

【残り3日】2分間で今回最後のショートムービーを発表します! (2016.12.25)

【残り3日】井上英之さんから応援メッセージです!! (2016.12.25)

【残り3日】一度立ち止まって、余白をつくること (2016.12.25)

【残り3日】ロゴができました!! (2016.12.25)

一覧に戻る

リターン

3,000

【日本にToCコミュニティを創ろう!】

■心を込めた御礼状
■作成予定のWEBサイトへのスペシャルサンクス掲載(ご希望の方のみ)
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
34人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

10,000

【ToCの独習をガッツリ始めたい方に!】

■心を込めた御礼状
■作成予定のWEBサイトへのスペシャルサンクス掲載(ご希望の方のみ)
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権
------------------------------------------------------------------------------------------------
■米国研究機関Center for Theory of Changeが作成したセオリー・オブ・チェンジの解説資料「Theory of Change : A participatory Approach to Planning and Evaluation(セオリー・オブ・チェンジ:戦略策定と評価への参加型アプローチ)」の和訳版+日本語訳に向けたメッセージ
■米国研究機関Center for Theory of Change公認で、2016年10月22日に実施したセオリー・オブ・チェンジについての講座「ゲームチェンジャー・スクール第4回:セオリー・オブ・チェンジ(ToC)とは何か?どう作成し、どう事業を組織化するか?」の様子をまとめた映像並びに関連教材
■米国人専門家訪日レポート
(E-mailにてデータでお届けします。)
■春以降のToCJイベント優先ご招待
■作成予定のWEBサイトへのスペシャルサンクス掲載(ご希望の方のみ)

支援者
61人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

30,000

【ToC米国人専門家セミナーへのご招待 & 舶来品のカステラのように、ToCも日本で愛されたい!】

<3,000円ならびに10,000円のリターンに加えて>
------------------------------------------------------------------------------------------------
■米国研究機関Center for Theory of Change 国際展開担当理事David.L.Colby氏の来日セミナー(2017年1月・東京)へのご招待権。
*日程については1月16日から18日にて予定しております。
*会場参加が難しい場合、オンライン参加またはビデオ録画をご提供致します。
■ToCJ限定カステラ(特別にToCJのロゴがカステラ本体に印字されています。桐箱入りです。)

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

30,000

【ToC米国人専門家セミナーへのご招待n & 舶来品のカステラのように、ToCも日本で愛されたい! 】

<3,000円ならびに10,000円のリターンに加えて>
------------------------------------------------------------------------------------------------
■米国研究機関Center for Theory of Change 国際展開担当理事David.L.Colby氏の来日セミナー(2017年1月・東京)へのご招待権。
*日程については1月16日から18日にて予定しております。
*会場参加が難しい場合、オンライン参加またはビデオ録画をご提供致します。
■ToCJ限定カステラ(特別にToCJのロゴがカステラ本体に印字されています。桐箱入りです。)

支援者
1人
在庫数
完売
発送予定
2017年2月

37,500

【ToCJから講師を単独2時間でも呼び、仲間たちと勉強したい!】

■一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン代表理事 田辺または理事 川端による「ToC入門」出前講座(2時間)
(内容)
・休眠預金活用法の成立を受けて、向こう3年で社会貢献事業が何をすべきか
・なぜ現状のNPOにおいてメンバーが疲弊するのか
・セオリー・オブ・チェンジ入門
(備考)
1.実施時期・形式は関係者間で調整致します。
2.会場については、ご手配をお願い致します。
3.交通費など諸経費については別途ご負担をお願い致します。LCCや夜行バス使用等、当方としましても極力がんばります。
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

37,500

【ToCJから講師を単独2時間でも呼び、仲間たちと勉強したい!】

■一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン代表理事 田辺または理事 川端による「コレクティブインパクト入門」出前講座(2時間)
(内容)
・休眠預金活用法の成立を受けて、向こう3年で社会貢献事業が何をすべきか
・地域の協議会を立ち上げても、なぜうまくいかないのか
・ToCを基軸とするアメリカの成功事例を交えたコレクティブ・インパクト入門
(備考)
1.実施時期・形式は関係者間で調整致します。
2.会場については、ご手配をお願い致します。
3.交通費など諸経費については別途ご負担をお願い致します。LCCや夜行バス使用等、当方としましても極力がんばります。
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

50,000

【ToC研究会(通年)に参加したい!】

<3,000円、10,000円、ならびに30,000円のリターンに加えて>
------------------------------------------------------------------------------------------------
■セオリー・オブ・チェンジ研究会(国内外の先進ToC事例を日本語で研究します。ぜひ実践と研究の両面にお役立てください。年4回で都内にて開催予定)のご参加権(オンライン参加も可能です)

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

75,000

【ToCJから講師を単独半日で呼び、仲間たちと勉強したい!】

■一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン代表理事 田辺または理事 川端による「ToC入門」出前講座(半日)
(内容)
・休眠預金活用法の成立を受けて、向こう3年で社会貢献事業が何をすべきか
・なぜ現状のNPOにおいてメンバーが疲弊するのか
・セオリー・オブ・チェンジ入門
・セオリー・オブ・チェンジ作成体験ワークショップ
(備考)
1.実施時期・形式は関係者間で調整致します。
2.会場については、ご手配をお願い致します。
3.交通費など諸経費については別途ご負担をお願い致します。LCCや夜行バス使用等、当方としましても極力がんばります。
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

75,000

【ToCJから講師を単独半日で呼び、仲間たちと勉強したい!】

■一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン代表理事 田辺または理事 川端による「コレクティブインパクト入門」出前講座(半日)
(内容)
・休眠預金活用法の成立を受けて、向こう3年で社会貢献事業が何をすべきか
・地域の協議会を立ち上げても、なぜうまくいかないのか
・ToCを基軸とするアメリカの成功事例を交えたコレクティブ・インパクト入門
・コレクティブ・インパクト組成体験ワークショップ
(備考)
1.実施時期・形式は関係者間で調整致します。
2.会場については、ご手配をお願い致します。
3.交通費など諸経費については別途ご負担をお願い致します。LCCや夜行バス使用等、当方としましても極力がんばります。
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

100,000

【個人として来日協賛をしたい!】

■個人協賛
■心を込めた御礼状
下記の3つからお選びをお願いいたします。なおお名前の掲載はご希望の方のみといたします。
・一口: 1月来日の告知文、セミナー会場資料、ToCJのHPにお名前を掲載します。
・五口: 1月来日の告知文、セミナー会場資料、ToCJのHPにお名前を掲載します。米国人ToC専門家のディビッド・コルビー氏からの謝辞のメッセージをご用意します。
・十口: 一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン代表理事 田辺または理事 川端が御礼にお住いのまちへ伺います。(交通費を含む)
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

100,000

【法人として来日協賛をしたい!】

■法人協賛
■心を込めた御礼状
下記の3つからお選びをお願いいたします。なおお名前の掲載はご希望の方のみといたします。
・一口: 1月来日の告知文、セミナー会場資料、ToCJのHPにお名前を掲載します。
・五口: 1月来日の告知文、セミナー会場資料、ToCJのHPにお名前を掲載します。米国人ToC専門家のディビッド・コルビー氏からの謝辞のメッセージをご用意しますので、ぜひ御社HPのCSRページや、CSR報告書等にご活用ください。
・十口: 1月来日の告知文、セミナー会場資料、ToCJのHPにお名前を掲載します。米国人ToC専門家のディビッド・コルビー氏との対談の場(都内、通訳あり)をご用意しますので、ぜひ御社HPのCSRページや、CSR報告書等にご活用ください。
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

150,000

【ToCJから講師を2人半日で呼び、仲間たちと勉強したい!】

■一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン代表理事 田辺&理事 川端による「セオリー・オブ・チェンジ研修:理論・ToC作成体験編」(半日)を、購入者様及び購入者様の組織向けに実施いたします。

(備考)
1.実施時期・形式は関係者間で調整致します。
2.会場については、ご手配をお願い致します。
3.交通費など諸経費については別途ご負担をお願い致します。
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

200,000

【ToCJから講師を2人1日で呼び、仲間たちと勉強したい!】

■一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン代表理事 田辺&理事 川端による「セオリー・オブ・チェンジ研修:実践編」(1日)を、購入者様及び購入者様の組織向けに実施いたします。

(備考)
1.実施時期・形式は関係者間で調整致します。
2.会場については、ご手配をお願い致します。
3.交通費など諸経費については別途ご負担をお願い致します。
■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

1,500,000

【ToCJのコンサルティングを得て、自分たちの団体のToCを作成し、実行支援を受けたい!】

■一般社団法人セオリー・オブ・チェンジ・ジャパン代表理事 田辺 かつ 理事 川端によるセオリー・オブ・コンサルティングの作成及び実行支援のコンサルティングと、その前提となるキックオフ合宿を、購入者様及び購入者様の組織向けに実施いたします。
(備考)
1. 2017年2月から2017年12月までの期間となります。
2. キックオフ合宿については、1泊2日を想定し、ToCの基礎理解促進・チームビルディング・ToCの試作版作成を目的とします。
3. 訪問またはウェブ会議の頻度は月1回が目安となります。
4. 専用のチャットグループにてオンライン相談をお受けします。
5. 会場については、ご手配をお願い致します。
6. 交通費など諸経費については別途ご負担をお願い致します。
7. 上記は本プロジェクト限定の特別料金になります。

■今回の志ある支援者の方々が相互につながれる「ToCJファンコミュニティFBグループ(members only)」への参加権

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2017年2月

プロジェクトの相談をする