富田林寺内町

こんにちは。「PEACE RUN世界五大陸4万キロランニングの旅」を走るアドヴェンチャー・ランナー 高繁勝彦です。

 

大阪生まれですが、奈良県・愛知県・三重県にも暮らしたことがあります。

 

2016年12月に今の富田林に移り住みました。南河内エリアが生まれ育った私には一番お気に入りの土地でもあります。

 

金剛葛城二上の山並み、そして石川のせせらぎを間近で見ながら走れるのはある意味とても幸せなことだと思います。

 

 

富田林には古くからの町並みが残る寺内町(じないまち)と呼ばれる宗教自治都市があり、今も寺内町を歩けば、遠い遠い昔の日本にタイムスリップしたかのような気持ちにさせられるのです。

 

古いものばかりかというとそうでもありません。古民家を借り、建物をリフォームしてカフェやブティックなどをされる若い方々も増えています。

 

落ち着いた寺内町は町そのものがアートでもあるのでしょう。音楽や絵などアートに親しまれる方々も珍しくはありません。

 

ここ寺内町を一本歯下駄を履いて歩いていますが、寺内町には着物や下駄など和のテイストを持ったものがぴったり合います。

 

 

一本歯下駄の仲間が集って定期的にイベントもやっています。初めて寺内町を訪れた方はやはり素敵な町だという印象を持っていただいています。

 

寺内町は今、富田林が一番観光に力を入れているスポット。ぜひ皆さん、寺内町を訪ねて下さい。

 

一本歯下駄とランニングで富田林を盛り上げるべく、いろんな方々と協力しながら町づくりにも協力させてもらっています。

 

さあ、残り6日。現在48名の方々から553000円をサポート頂き、進捗率27パーセント。

 

皆さんの熱きサポート、どうかよろしくお願い致します。

 

ご支援いただいた方のお名前はこちらに掲載させて頂きました。

 

http://www.peace-run.jp/readyfor/

 

 

 

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)
Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています